当業界の全産業内での位置づけ

名目GDPと就業者数ともに全産業の5%を占める

 運輸産業の名目GDPは27兆円であり、全産業の5%を占めている。建設業や製造業など業界を問わず顧客を持ち、個人に対してのサービスも手がけることから規模が大きい点が特徴である。また、就業者数は340万人であり、こちらも全産業の5.2%を占めている。特に典型的な労働集約型産業であるトラック輸配送業界では就業者数が多くなっている。近年はドライバーの人手不足が懸念されており、人材獲得に向けた動きも活発化している。

この業界で注目のキーワード