当業界の全産業内での位置づけ

名目GDP16.2兆円で就業者数は145万人。エレクトロニクス産業の中でも、製造関係の業界は資本集約型であり、機械化による効率化が進められる

 内閣府が公表する「国民経済計算」によると、2016年度のエレクトロニクス産業の名目GDPは16.2兆円であり、全産業に占める割合は3.0%となっている。就業者数は厚生労働省の「労働力統計」によると145万人であり、全産業の2.2%を占めている。エレクトロニクス産業の中でも、製造関係の業界は資本集約型となっており、大規模な設備投資が継続的に必要で機械化による効率化が進められている。

この業界で注目のキーワード