当業界の全産業内での位置づけ

教育業界はGDPで19兆円の規模であり全産業の3.6%を占めるが、就業者数では全産業の5.0%を占める労働集約的な産業である

 教育業界は名目GDPの規模は19兆円、一方で、就業者数は329万人で全産業の5.0%を占め、就業者数では比較的大きな業界の部類に入る。教育業界は構造的に労働集約的な業界であり、機械化、IT化による効率化の余地が他の業界よりも少ない。保育サービスの保育士や学習塾の講師、大学の教授などに代表されるように人が商品であり、一人当たりの生産性は一定程度で頭打ちになり、結果、経済規模の割に労働力が多い業界となっている。