イタリアのテンパロッサ油田が生産開始

2020/02/06  三井物産 株式会社 

イタリアのテンパロッサ油田が生産開始

2020年2月6日

三井物産株式会社がMitsui E&P Italia A S.r.l(三井物産60%、三井物産子会社である三井石油開発40%出資の在イタリアの子会社、以下「MEPIT」)を通じて25%権益を保有する、イタリアのテンパロッサ油田プロジェクトが生産を開始しました。現在は生産拡大中にて、日量約2.5万バレルを生産しています。ピーク時には原油を日量約5万バレル、LPGを日量約240トン、硫黄を日量約80トン生産する見通しで、長期にわたり生産量および・収益への貢献が見込まれています。

テンパロッサ油田はイタリア南部バジリカータ州ポテンザ市近郊の丘陵地帯に位置する西ヨーロッパで最大級の陸上油田で、オペレーターは50%の権益を有するTotal E&P Italia S.p.A(Total S.A.の子会社)が務め、Shell Italia E&P S.p.A(Royal Dutch Shell plc子会社)とMEPITが25%ずつ権益を有しています。

同プロジェクトは、8坑の生産井(うち6坑は掘削済み)、原油処理施設、LPG貯蔵施設で構成され、最先端の技術に基づいた環境保護およびモニタリングシステムを採用しています。こちらで生産された原油・ガス・LPG・硫黄はイタリア国内や地中海域を中心に供給され、イタリアのエネルギー供給および雇用機会の創出へ貢献すると共に、南イタリアの地域経済への貢献も果たします。

三井物産は資源・エネルギー分野を引き続き中核分野の一つとして位置付けています。今後も競争力ある優良な資産ポートフォリオの増強を図り、社会に不可欠なエネルギー資源の確保に取り組んでいきます。

イタリア バジリカータ州に位置するテンパロッサプロジェクトの原油処理設備 プロジェクト位置図

記事内容は発表日現在の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承下さい。

他の画像

関連業界