ほほえましいパンダをモチーフとしたスワロフスキーアート デニス・チャン『HAHA PANDA』展 GINZA SIX 5階 Artglorieux (アールグロリュー )にて6/15から開催中

2017年06月15日 

(株)大丸松坂屋百貨店が、GINZA SIX5階で運営するアートギャラリー、Artglorieux GALLERY OF TOKYO (アールグロリュー ギャラリーオブトーキョー)にて、2017年6月15日(木)から28日(水)まで、世界中に店舗を展開する香港のジュエリーブランド「Qeelin」のクリエイティブ・ディレクター、デニス・チャンの日本初個展を開催しています。


デニス・チャンは、昨年上海で開かれたアートショーでは、すべての作品が即日完売となった注目の作家です。ギャラリーでは、ほほえましいパンダをモチーフとしたスワロフスキーアートを中心に、日本での個展のために作られたアートピース16点をご覧いただけます。

タイトルにある「HAHA」は人の笑い声を表しています。この世界共通の笑い声である「HAHA」と、中国を象徴する動物「PANDA」がひとつになった作品が、「HAHA PANDA」です。グローバリズムとナショナリズム、個性と調和、自然と人工、など、相反する要素について考えをめぐらせる作品として、「HAHA PANDA」は制作されました。

ほほえましいパンダをモチーフとしたアートが展示されるギャラリー内

DENNIS CHAN デニス・チャン

世界で展開するジュエリーブランド「Qeelin」の創業者であり、クリエイティブディレクター、デニス・チャン氏。創造の世界には限界がないことを信じ、さまざまなジャンルへの挑戦を続けています。
特に立体作品の制作は、芸術的な自己表現のために情熱をもって取り組んでおり、香港、ヨーロッパ、そして日本で仕事をしつつ、1997年の香港返還記念として依頼された33メートルのミレニアムカウントダウンクロックの制作など数多くの大きなプロジェクトにも関わってきました。
この年、中国の文化的要素とフランス的ラグジュアリーの素晴らしさを融合したデザインが高く評価され、香港のアーティスト オブ ザ イヤーに選ばれました。
立体作品の制作は自分の創造性を解放し、情熱や繊細さを最大限に発揮できるという彼が、10年にわたって試行錯誤した末に形にしたHAHA PANDA。
近年急速に発展する中国が投影されたこのシリーズは、調和のとれた社会においてなおラグジュアリーなものに対する消費や渇望を求め続けることがテーマになっています。


アールグロリューは、株式会社大丸松坂屋百貨店が運営するギャラリーです。

この企業のニュース