マセラティの未来を予感させるグラントゥーリズモ ゼダ

2019/11/12  マセラティジャパン 株式会社 

モデナ工場からブランドの新しい時代が始動




・GranTurismo Zèda (グラントゥーリズモ ゼダ)が現行マセラティ グラントゥーリズモの最終生産を祝して誕生
ゼダは過去から現在、未来を繋ぎます。ゼダとはモデナ地方で使われる言葉で“Z”を意味しており、マセラティのルーツへの誇りを示すとともに、終わりの後に訪れる新たな始まりを予感させます
・モデナ工場でのマセラティ グラントゥーリズモ、グランカブリオの生産が終了
新たなハイ・パフォーマンス・スポーツ・カーの生産にむけて改修が開始
・次期グラントゥーリズモならびにグランカブリオはトリノで生産
マセラティ史上初の完全なる電気自動車となり、マセラティの電動化という新しい時代の到来を告げるモデルとして誕生

モデナ発 2019年11月11日– マセラティはブランドの次章にむけての歩みをスタートいたしました。電動化と自動運転を始めとするイノベーションプランならびにモデナ工場の改修開始という発表とともに、マセラティのグラントゥーリズモの生産が終了し、GranTurismo Zèda(グラントゥーリズモ ゼダ)を公開いたしました。

GranTurismo Zèda(グラントゥーリズモ ゼダ):“Z”が示す次期グラントゥーリズモへの予感
マセラティは次期グラントゥーリズモの到来にむけた祝賀的なモデルを発表いたしました。この車両は世界各地を巡回する予定ですが、このスポーティで未来的なエクステリアデザインはマセラティ チェントロ・スティーレ(デザインセンター)によって仕上げられ、その色と質感を通して新時代の幕開けを伝えます。グラントゥーリズモ ゼダは、ブランドの過去、現在、未来の架け橋となっていくのです。
まずリヤセクションからフロントへと視線を移していくと、マットのサテン仕上げから未来的な艶やかなメタリックへとその表面の質感の変化が見て取れます。
そしてミッドセクションではゆるやかに再度変化をし、マセラティ ブルーへと深化していきます。そしてこのブルーもまた徐々に変化を見せ、エネルギーを湛えてまるで生きているかのように、そして鏡のように姿を変えていきます。
グラントゥーリズモ ゼダは高度なレベルにおいて、非常にさまざまな視覚効果を複雑に成立させています。手作業によって時を遡り、技術とノウハウによって未来へと時を進めていくのです。

マセラティ グラントゥーリズモは生産を終了、モデナ工場は生産ラインの改修へ
マセラティ グラントゥーリズモならびにグランカブリオの生産終了は、モデナ工場の新しい道の始まりを示します。最先端の技術を注ぎ込んだ高性能スーパースポーツカーとなる新しいモデルの生産をスタートさせるため、生産ラインを全面的に改修いたします。そしてそれと同時に、より環境負荷を減らし、革新的な技術を採用した新たな塗装工場が増築されました。ここでは自身のオーダーしたクルマの塗装プロセスを実際に見学することも可能となります。

2007年から続いてきたグラントゥーリズモの歴史
2007年のジュネーブ国際モーターショーで発表されたグラントゥーリズモは、マセラティの歴史において名高いモデルのひとつです。4人乗りの2ドア・スポーツクーペは、ピニンファリーナによるクラシックな外観で、自然吸気8気筒エンジンを搭載、1947年のマセラティ A6 1500の現代的な解釈として誕生しました。
その2年後のフランクフルト国際モーターショーでグランカブリオが加わります。
その後数回のアップデートを重ね、グラントゥーリズモならびにグランカブリオは2018年モデルにおいて最終形となりました。ピニンファリーナによるオリジナルデザインに敬意を払う一方で、空力、人間工学、インフォテインメントシステムに改善が図られました。
2018年モデルでは、グラントゥーリズモ、グランカブリオそれぞれのレンジにSportとMCという2つの個性が設定され、16種類の外装色、6デザインで計14種のアロイホイール、9色のブレーキキャリパー、そしてカーボンパッケージが用意されました。
これにより400,000以上の組み合わせを実現可能としました。
このモデルに搭載されてきた最高出力460ps/7,000rpm、最大トルク520Nm/4,750rpmを発生する4.7リットルのフェラーリ製自然吸気V8エンジンはもはやカリスマ的な存在です。これによりブランドのグラントゥーリズモ的なキャラクターは最大限に表現されました。
2007年の誕生以来、28,805台のグラントゥーリズモ、11,715台のグランカブリオ、計40,000台が全世界において販売されました。











他の画像

関連業界