ブルーボトルコーヒー 京都カフェ 2018年3月23日(金)にオープン

2018年02月28日  ブルーボトルコーヒージャパン 

Feb 28, 2018

ブルーボトルコーヒー関西初出店!
京都・南禅寺エリアに3月23日(金)オープン


ブルーボトルコーヒージャパン合同会社(本社:東京都江東区)は2018 年3 月23 日( 金)、国内8 店舗目で関西初となる「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」を、美しい山間の風景に調和する臨済宗南禅寺派大本山の寺院“ 南禅寺”エリアにオープンいたします。

ブルーボトルコーヒーは16 年前の創業当初から米国及び日本において、地域に根差した店作りを目指すべく、出店する地域の歴史や文化への敬意を込めて、出店先やカフェのコンセプトを定めてまいりました。今回も大丸松坂屋百貨店とのご縁で京都の歴史的建築物に出会ったことから、出店する運びとなりました。

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」は、築100年を超える2 層構造の伝統的な京町屋をリノベートしたものです。重厚な柱や梁が整然と組まれた美しい骨組み、荒々しいながらも趣深く剥き出しになった土壁など、既存の建物を生かした演出が随所でお楽しみいただけます。また、京町屋の風情溢れる空間を残しつつも、そこに新たな価値を加えてブルーボトルコーヒー特有の様式美や空間美を表現いたしました。自然光が差し込む大きなガラス窓や、高い吹き抜けの天井、その広々とした空間を活かした照明など、開放感溢れる世界観をご体験ください。

さらに「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」は、国内で抱えるカフェの中でも最大面積を誇ります。もともとの建物の設計を活かした2 棟で構成し、「コーヒーの楽しさをもっと身近に」をテーマに4つの空間が広がります。正面手前から奥に向かって、オリジナルアイテムを展示販売するショップスペース、好みのコーヒーを見つけていただけるカッピングスペース、テラス席をご用意した中庭、そしてカフェスペースと並びます。

歴史情緒溢れる街並みに溶け込むように佇む「ブルーボトルコーヒー京都カフェ」。晴れた日や散策途中にホッと一息つきたい時には、四季折々の表情をみせる中庭やカフェスペースで、注文を受けてから一杯ずつ丁寧に淹れるドリップコーヒーと毎日キッチンで焼き上げるペイストリーを堪能しに、ぜひお運びください。

BLUE BOTTLE COFFEE KYOTO CAFE DESIGN

豊かな自然と調和した南禅寺参道に並ぶ、重厚な木造建築の佇まいが魅力的な「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」の空間デザインは、これまでの店舗同様に、スキーマ建築計画の長坂常氏が担当いたしました。

江戸時代中期に形成された建築様式、京町屋の特性を活かしながら、ブルーボトルコーヒーならではの開放感溢れる空間にリノベートしたカフェには、懐かしさを誘うノスタルジックな趣と機能的な美しさが共存いたします。荒々しいながらも趣深く剥き出しになった土壁や竹小舞、間接照明の光が照らし出す吹き抜け部分の躯体(梁や柱)など、既存の建物を活かしたモダンな演出にぜひご注目ください。

カフェスペース

カフェスペースには、大きな窓から自然光が差し込む明るくて心地よい空間が広がります。天井には、古き良き京町屋ではあまり見ることのないネオンのライトを配置。ブルーボトルコーヒー特有のモダンな要素が光ります。また、バリスタがお客様一人ひとりをお迎えするバーカウンターの奥には、ペイストリーキッチンを併設いたしました。人気メニューのワッフルや焼き立てのクッキーを、香りとともにお楽しみください。

中庭

砂利の敷かれた中庭には、春から夏にかけての新緑や秋に色づく紅葉など、四季折々の自然に包まれながら特別なひとときを過ごすことができるテラス席をご用意いたしました。屋根があるスペースも併設していますので、雨の日には雨音を楽しみながらコーヒーを片手に休憩していただけます。

Shop Info

[ 京都カフェ]
〒606-8437 京都府京都市左京区南禅寺草川町64
店舗面積 452.98 ㎡(カフェエリア 64.98 ㎡)
座席数 44 席
オープン 2018 年3 月23 日(金)
営業時間 8:00~18:00

KYOTO CAFE EXCLUSIVE ITEMS

「ブルーボトルコーヒー 京都カフェ」でしか手に入らない限定アイテムをオープン日当日、3 月23 日(金)より販売いたします。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://blue-bottle-cms.global.ssl.fastly.net/hbhhv9rz9/image/upload/v1519778908/lvrjk38ynwrglibhjhy6.pdf

他の画像

配信企業情報

ブルーボトルコーヒージャパン
上場区分 -

業界