新サービス『THE すまいのハザードマップ』の本格リリース開始

2018年03月08日  損害保険ジャパン日本興亜 株式会社 

2018年3月8日
損害保険ジャパン日本興亜株式会社

新サービス『THE すまいのハザードマップ』の本格リリース開始

損害保険ジャパン日本興亜株式会社(社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)は、 2018年4月から、公的機関等が開示するハザードマップに損保ジャパン日本興亜の保険金支払実績データを加えたオリジナルのハザードマップ『THE すまいのハザードマップ』をご提供 します。

1.開発の目的・コンセプト

近年、地震や台風等の自然災害の増加を受け、お客さまの災害に対する意識が高まっています。 このような現状をふまえ、最新のデジタル技術を活用し、地震発生確率や洪水時の想定浸水深、 土砂災害危険箇所などの自然災害リスクを可視化した、独自の総合的ハザードマップサービスを開発しました。

本サービスは、損保ジャパン日本興亜の代理店がお客さまへ、火災保険・地震保険のご提案時や更新のタイミング等にご案内する情報提供ツールです。お客さまご自身がお住まいの地域の 自然災害のリスクを正しく理解していただくことで、加入される保険に対する納得感のさらなる向上を図ることを目的としています。

2.『THE すまいのハザードマップ』の概要

(1)主な機能・特長

項目
内容
イメージ

①お客さまの住所ごとのリスク判
定・表示
公的機関等が公表しているさまざまなデータと損保ジャパン日本興亜が保有している保険金支払データを、GIS※の技術を活用して集約し、可視化します。お客さまの住所を入力すれば、ピンポイントでその場所のリスクを判定、表示することができます。
【別紙】1.

②災害や事故事例の表示
災害ごとの事故事例の写真や、支払保険金の事例などを掲載しており、自然災害のリスクを具体的にイメージいただけます。
【別紙】2.

③避難施設情報や補償内容のおすすめ表示
自然災害などのハザードマップに加え、緊急時の最寄りの避難 施設の情報や、お客さまのリスク度合いに応じた補償内容の おすすめ情報も表示が可能です。
【別紙】3.

※GIS(Geographic Information System:地理情報システム)とは、地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工し、視覚的に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術です。

(2)開始日
2018年4月1日から全国の損保ジャパン日本興亜代理店を通じてご利用いただけます。

3.今後の展開

『THE すまいのハザードマップ』を通じた適切な情報提供により、お客さま満足度の向上を図っていきます。

また今後も、お客さま満足度のさらなる向上に向けて、IoTなどの先進的なデジタル技術を活用したさまざまなサービスの検討・開発を行っていきます。

以上

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/2017/20180308_1.pdf

配信企業情報

損害保険ジャパン日本興亜 株式会社
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル MAP
上場区分 -

業界