エアアジア・グループCEO トニー・フェルナンデスの自著出版を記念して、東京・渋谷にて、トークショー&サイン会を開催

2019/03/14  エアアジア・ジャパン 株式会社 

アジア最大級のLCCであるエアアジア・グループ(以下、エアアジア)では、エアアジア創業者でありグループCEOであるトニー・フェルナンデスの半生を描いた自伝「フライング・ハイ」の日本語版出版を記念して、トニー・フェルナンデス本人によるトークショー&サイン会を、3月23日(土)18時30分より、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーにて開催いたします。本イベントの参加希望者を、抽選で無料ご招待いたします。

 アジア最大級のLCCであるエアアジア・グループ(以下、エアアジア)では、エアアジア創業者でありグループCEOであるトニー・フェルナンデスの半生を描いた自伝「フライング・ハイ」の日本語版出版を記念して、トニー・フェルナンデス本人によるトークショー&サイン会を、3月23日(土)18時30分より、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーにて開催いたします。本イベントの参加希望者を、抽選で無料ご招待いたします。

 

【開催概要】

日時:2019年3月23日(土) 18:30開演(18:00開場)

会場:東京カルチャーカルチャー

 (東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti SHIBUYA(渋谷ココチ)4階

 http://tokyocultureculture.com/access

トークショースピーカー:トニー・フェルナンデス(逐次通訳あり)

 モデレーター:鳥海高太朗氏(航空・旅行アナリスト)

入場無料。来場者には、1ドリンク&軽食を無料提供いたします。

当日は「フライング・ハイ」の即売を行います。購入特典として著者本人によるサイン会に参加できます。

 

【応募要項】

 参加希望の方は、下記URLより内容ご確認の上、メールにてご連絡ください。

 https://newsroom.airasia.com/news/2019/3/13/flying-high-tokyo-event

 

【イベントに関するお問い合わせ先】

Email: airasia0323@mfc.tokyo

 

【登壇者略歴】

トニー・フェルナンデス(Tony Fernandes)エアアジア・グループCEO

 1964年マレーシア生まれ、エプソム・カレッジを卒業後、音楽業界に進み、ヴァージン・コミュニケーションズとワーナーミュージックで経験を積む。2001年に1リンギット(約20円)で買収したエアアジアを、アジア初のLCCとして再出発させた。2010年フォーブス・アジア版「ビジネスマン・オブ・ザ・イヤー」や、2015年米誌タイム「世界で最も影響力のある100人」に選出。

 

鳥海 高太朗(とりうみ こうたろう)航空・旅行アナリスト 帝京大学非常勤講師

 1978年千葉県生まれ。成城大学経済学部経営学科卒。食品会社、コンサルタント、城西国際大学観光学部助手を経て現職。航空会社のマーケティング戦略を主研究に、LCCのビジネスモデルの研究や各航空会社の最新動向の取材を続け、執筆やニュース解説などを行う。著書は「天草エアラインの奇跡」(集英社)、「エアラインの攻防」(宝島社)など。

 

 

エアアジア・グループについて

エアアジアは世界最大規模のLCCであり、現在、アジアを中心に25か国の130以上の都市に就航しています。2001年の運航開始以来の累計旅客数は5億人以上に達し、機体数も創立当初の2機から約240機まで拡大しています。

エアアジアは、イギリス・SKYTRAX社により2009年から10年連続で「ワールド・ベスト・ローコストエアライン」に選出されています。エアアジアは “Now Everyone Can Fly”のビジョンのもと今後も楽しく気軽な空の旅を皆さまにお届けしてまいります。



関連業界