Linux Foundation、オープンソース コミュニティの持続を支援する新CommunityBridgeプラットフォームを発表

2019/03/14  The Linux Foundation Japan 

新しいプラットフォームは、資金調達、セキュリティ、メンタリング、ダイバーシティの向上で、オープンソース開発者とエコシステムを支援

Linux Foundationは3月12日(米国時間)、オープンソース開発者とそれを支える個人および企業・組織を一層活性化し、オープンソース技術の持続可能性、セキュリティ、ダイバーシティを前進させる新プラットフォーム「CommunityBridge」を発表しました。


2019年3月12日 サンフランシスコ発 – Linux Foundation ( http://www.linuxfoundation.org/ ) は、オープンソース開発者とそれを支える個人および企業・組織を一層活性化し、オープンソース技術の持続可能性、セキュリティ、ダイバーシティを前進させる新プラットフォーム「CommunityBridge ( https://communitybridge.org/ ) 」を発表しました。

2019年から2020年にかけて、Linux Foundationはオープンソース開発者とエコシステム向けに一連のCommunityBridgeツールをリリースします。初回のCommunityBridgeリリースでは、オープンソース コミュニティに3つの重要なツールへの早期アクセスを提供します。

CommunityBridge Funding : 開発者が資金を調達し使うことができます。
CommunityBridge Security : 潜在的な脆弱性と解決策への透明性を提供します。
CommunityBridge People : メンターと、プロジェクト参加とダイバーシティ推進に興味のある人材が、簡単につながることを可能にします。

Linux Foundationのエグゼクティブ ディレクターである Jim Zemlin は、次のように述べています。
「大規模なオープンソース プロジェクトはリソースが整っていることが多い一方で、多くの小規模プロジェクトでは、成功するための資金、人材、セキュリティ、ダイバーシティ、リソースを必要としています。CommunityBridgeは、クリティカルな課題を解決し人々に力を与えることで、オープンソースのイノベーションと持続可能性を促進する、オールインワンのプラットフォームです。」

CommunityBridgeの詳細について

早期アクセス : Linux Foundationは一部のプロジェクト、メンバー企業に対してプラットフォームへの早期アクセスの提供を本日開始しました。早期アクセスに関する詳細はこちらhttps://communitybridge.org/をご覧ください。

メンテナー&開発者アクセスとLinux Foundationサポート : メンテナーと開発者はCommunityBridgeプラットフォームへのアクセスと使用に費用はかかりません。CommunityBridge早期アクセス プログラムに参加するプロジェクトへのインセンティブとして、プラットフォームを通じて調達された最初の1000万米ドル分のプラットフォームと支払処理手数料の費用をLFが負担します。

セキュリティの向上 : 2017 Forresterで引用されたサードパーティの調査によると、開発者の80~90%がオープンソース コンポーネントを基盤として使用しており、全てのソフトウェアにとってクリティカルな依存関係にあります。CommunityBridgeは、メンテナーにアップストリームの依存関係、セキュリティ脆弱性、利用状況レポート、ライセンスの詳細についての関連情報を提供するために、スキャニングサービスなど豊かなセキュリティ機能を提供します。また、複製可能な不具合を提供するバグバウンティ サービスや、メンテナーがプロジェクトのセキュリティと堅牢性を向上させるために簡単に使用できる、実用的なデータのバックログも提供します。

ダイバーシティへのコミットメント : Linux Foundationは、メンタリングを通じてコミュニティの多様性を改善することに重点を置いたオープンソース プロジェクトに報酬を与える新たなインセンティブ プログラムを発表します。新Diversity Stipends Matchingプログラムは、CommunityBridgeプラットフォームを通じてプロジェクトへの従事を決めた最初の100人の多様な人材に対して3,000米ドルを支給します。このプログラムは、性別(LGBTQ、女性)、人種、障害などを含む、テクノロジーやオープンソース コミュニティで従来から少数派の人材による参加を促進します。

CommunityBridgeに参加 : 興味のあるプロジェクトのメンテナーやコアデベロッパーは communitybridge.org から参加できます。

CommunityBridgeを支援する開発者の声

Grafana/Loki

“Grafana Labs is thrilled to be part of the CommunityBridge platform, to help us foster the open source communities around Grafana and Loki. The mentor/mentee matchmaking function will help newcomers and people from diverse backgrounds join, and create software that is built better together,” said Torkel Odegaard, creator of the Grafana project and co-founder of Grafana Labs.

Jaeger

“The Jaeger project is proud to join the CommunityBridge platform to continue funding an intern who has been investigating areas for performance improvement. With more funds, our community is able to continue to help this important work evolve,” said Juraci Paixão Kröhling, part of the Jaeger team.

Linux

“I am excited to announce our new Linux Kernel Mentorship Program on CommunityBridge, a platform that will bring opportunities for new developers to join and learn from our community and improve it at the same time. CommunityBridge enables us to improve kernel code, bring new people into our community, and find job opportunities for aspiring developers from diverse backgrounds; all at the same time. Please join me in this exciting endeavor to make the Linux Kernel strong, diverse, and secure. And for important open source projects beyond the kernel, I encourage you to take advantage of CommunityBridge to improve your communities as well.”

Mosca

“Mosca is the Node.js MQTT broker used by a huge number of companies inside their products to connect devices across the globe,” said Matteo Collina, founder of Mosca. “I started Mosca during my PhD, and the community now needs way more support than what I can provide in my spare time.”

OpenFaaS

“I am excited about how CommunityBridge is connecting sponsors with OSS communities,” said Alex Ellis, OpenFaaS Founder & Lead. “My experience with OpenFaaS has shown that when an OSS project gains traction, it also requires financial backing and full-time engineering in order to be sustainable. This sponsorship program means that maintainers can focus on the needs of the project, end-users and community. I’m thrilled that we were invited to launch on this platform today.”

R-Ladies

“We like the CommunityBridge platform because it makes very transparent the way fundings/donations are used,” said Gabriela de Queiroz, Founder R-Ladies. “This is very important for sponsors and our community at large.”

Vue.js

“We are joining CommunityBridge to help fund work like security fixes and community events,” said Evan You, Vue.js developer. “I’m happy to see a platform that sustains open source projects like Vue take off. We’ll benefit greatly from access to more donors, interns, security tools and community diversity.”

Yocto Project

“The Yocto Project is excited to be part of CommunityBridge and see how it can help us fund and develop diverse new technical talent and at the same time address key areas where we have significant untapped development potential such as license handling, security and reproducibility,” said Richard Purdie, Yocto Project architect.

CommunityBridgeを支援するパートナーの声

Snyk

“CommunityBridge is an innovative and exciting solution to the complex problem of long-term open source sustainability, leveraging the Linux Foundation’s expertise and reach to help enterprises and OSS maintainers alike do more with open source,” said Guy Podjarny, Founder and CEO of Snyk. “Snyk is excited to provide a critical security facet of CommunityBridge, allowing maintainers to secure their projects easily and consumers to rest easy from understanding the security posture of the projects they consume.”

source{d}

“With the right tools to retrieve and analyze all their source code, organizations can not only improve the quality and security of their software portfolio but also streamline engineering efforts based on tangible software development metrics,” said Eiso Kant, source{d} CEO. “We look forward to working with the Linux Foundation and its partners to help them gain the maximum number of insights into their code bases.”

StackShare

“We believe CommunityBridge will have a huge impact on helping to sustain the open source community and we couldn’t be more excited to play a key role,” said Yonas Beshawred, CEO, StackShare. “Knowing which companies use a particular open source project is an important data point when considering whether or not to adopt that technology at your company. Today we’ve partnered with the Linux Foundation to expose this public data to give potential donors and supporters of projects in need of funding, greater confidence around adopting their projects.”

HackerOne

“The most powerful models rely on transparency, openness, and collaboration,” said Marten Mickos, CEO HackerOne. “Our world depends on open source and we are proud to be a founding supporter of Linux Foundation’s CommunityBridge. HackerOne brings to CommunityBridge the largest global community of hackers who stand ready to identify critical vulnerabilities in any open source software fast such as Node.js and Hyperledger. We know open source is an unstoppable force and we applaud Linux Foundation and CommunityBridge partners for coming together to support the vital projects we all count on.”

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,000を超えるメンバーにサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出しています。詳細については、linuxfoundation.org をご覧ください。

# # #

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。Linux は Linus Torvalds の登録商標です。

関連業界