最高級ファブリックコレクションSumiko Honda新作発売 - 「風 光る」 春の花ミモザと雲をモチーフに 【川島織物セルコン】

2018年05月17日 

【川島織物セルコン】最高級ファブリックコレクションSumiko Honda新作発売
「風 光る」 春の花ミモザと雲をモチーフに

2018年05月17日

株式会社川島織物セルコン(本社:京都市 社長:山口進)は、最高級ファブリックコレクションSumiko Hondaより新作 「風 光る」 を発売します。

ペルセフォネ

手描きのデザイン画

春の訪れを告げるように、鮮やかな黄色の花をつけるミモザの木。ミモザの花の黄色は“ミモザイエロー”と呼ばれ色の名前にもなるように、明るく力強く希望を感じさせます。Sumiko Hondaシリーズ今年の新作は、「風 光る」と題し、青い空の下で金色に輝くミモザと風を受け空を漂う雲をモチーフに、その満ち溢れる生命力と光り輝く希望を表現しました。

様々なストレスを抱える現代社会に少しでも明るい住空間を提供したいという思いから、年代を問わず好まれ、春の初めから終わりまで長期間にわたり明るい花を咲かせる春の花「ミモザ」を題材に選びました。また小さな花が集まり存在感と美しさを増すミモザは、これまでシリーズで取り上げてきた個々の花の表現とは異なり、花の集合体を面で表すという新しい表現方法への挑戦ともなりました。デザイナーの本田純子が得意とする織設計の技術を駆使し、ミモザの花の粒々とやわらかなふくらみを、風通織(二重織)と織組織で表現しました。

Sumiko Hondaは、“日本の四季を愛でる”を基本コンセプトに、四季の移ろいや、光と陰、水や空気の流れなど、自然の情景を表現し、豊かな生活空間づくりにファブリックで貢献することを目指すファブリックブランドです。ファブリックの優しさが評価され、近年はホテルでの採用に加え介護福祉施設などでの採用も増加しています。Sumiko Hondaは、これからも、生活空間に潤いと彩りを提供できるようなファブリックづくりを目指していきます。

「風 光る」 概要

この企業のニュース