シンガポールで「ソフィーナ」の販売を開始

2018年04月12日  花王 株式会社 

発表資料: 2018年04月12日

  • ニュースリリース
  • 経営・財務関連

シンガポールで「ソフィーナ」の販売を開始

- ASEANへの初導入、アジアにおける販売エリアを拡大 -

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、2018年4月15日よりシンガポールで、「ソフィーナ」の販売を開始します。「SOFINA iP(ソフィーナiP)」(土台美容液)、「ソフィーナ ボーテ」(基本ケア)、「ソフィーナ プリマヴィスタ」(ファンデーション)、ほかを導入。また、ソフィーナカウンター内に、独自の肌解析技術によるきめ細かいカウンセリング(お手入れのアドバイス等)を行なうコーナーをオープンします。
ASEAN(アセアン)においては初導入となり、これによりソフィーナの海外での展開は、台湾、香港、中国大陸に続き、4カ国・地域目となります。

左から、『SOFINA iP ベースエッセンス』 『ソフィーナ ボーテ ローションモイスト』 『ソフィーナ ボーテ エマルジョンモイスト』
『ソフィーナ ボーテ ホワイトニングローション』 『ソフィーナ ボーテ ホワイトニングエマルジョン』

取り組みの背景とねらい

「ソフィーナ」は1982年に日本で誕生し、海外では、台湾(1985年~)、香港(1985年~)、中国大陸(2004年~)で販売しており、花王独自の皮膚科学研究に裏付けられた革新的な製品や、新しい化粧習慣を提案するブランドとして各市場で成長を続けてまいりました。また、2017年からスタートした4カ年の花王中期経営計画「K20」の成長戦略のなかで、“化粧品事業を成長の柱にすること”と、“アジアコンシューマープロダクツ事業の拡大と利益率アップ”を挙げています。このたび新たに、シンガポールでソフィーナを展開することで、ソフィーナのアジアにおける認知を拡大、さらなるブランド強化を図ってまいります。
今回導入する「SOFINA iP」「ソフィーナ ボーテ」は、日本で発売以来、多くのお客さまからご好評いただいています。「SOFINA iP」は、2017年には台湾と香港でも販売を開始。各市場で、多くの新しいお客さまにお使いいただき、またリピート率の高い商品として、ソフィーナの売上を増大させています。シンガポールにおいても、ソフィーナ独自のお手入れステップ(土台美容液と、化粧水・乳液の3ステップ)を提案することで、海外において新たなユーザーの獲得を図ってまいります。
ソフィーナではお客さまとの体験的なコミュニケーションを重視しています。ソフィーナカウンター内のカウンセリングコーナーでは、独自の肌解析技術を通じたお客さま一人ひとりの肌との対話によって、最適なお手入れを提案し、深いブランドの理解へ導くことをめざします。
花王はこれからも、消費者ニーズに応えた革新的な製品やサービスの提供を通じて、世界の人々の“豊かな生活文化の実現”に貢献してまいります。

◆花王シンガポール社長 米山敦のコメント
「ほぼ赤道直下のシンガポールでは、女性の肌は冷房による乾燥と強い紫外線という過酷な環境に常にさらされています。ソフィーナ独自のお手入れステップが、多くのシンガポール女性の肌悩み対策にお役立ちできると確信しています。シンガポールにおける花王ビューティケアビジネスの拡大に貢献していきたいと考えています。」

導入アイテム、場所

名称
SOFINA iP ベースエッセンス* *日本名:美活パワームース(土台美容液)
ソフィーナ ボーテ ローションモイスト
エマルジョンモイスト
UVカットエマルジョン
ホワイトニングローション
ホワイトニングエマルジョン
ホワイトニングUVカットエマルジョン
ソフィーナ リフトプロエッセンスEX
エンリッチドフォームクレンザー
メイクアップクレンジングオイル
ソフィーナ プリマヴィスタ パウダーファンデーション<ロングキープ>
リキッドファンデーションUV<ロングキープ>
モイスチャーコートベース
マルチカバーベースUV
ロングキープベースUV
エッセンスコンシーラー<アイゾーン>

2018年4月15日より、シンガポール 伊勢丹スコッツ店にて販売開始

お問い合わせ

花王株式会社 広報部

03-3660-7041~7042

※社外への発表資料を原文のまま掲載しています。

<p>Your browser does not support iframes.</p>

他の画像

配信企業情報

花王 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都中央区日本橋茅場町1-14-10 MAP
上場区分 東証1部

業界