「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展

2018年05月17日 

2018年05月17日

日本精工株式会社 CSR本部 広報部

「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展

~パワートレインとビークルダイナミクスの領域で、製品・技術を時系列で展示~

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長・CEO 内山 俊弘、以下NSK)は、2018年5月23日(水)から5月25日(金)まで、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜・展示ホールで開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展します。

ブースイメージ

主な出展品

ロック機構【初出展】

昨年の東京モーターショーで好評を博した『バリオリンク サスペンション』を構成する、5本のバリオリンクアクチュエータに採用された技術です。

ロック機構は、ボールねじとの組み合わせにより、駆動側(入力側)からトルクが入力されたときは、高い伝達効率で被駆動側(負荷側)へトルクを伝達します。逆に、非駆動側(負荷側)からトルクが入力されたときは、トルクを遮断します。

これにより、すべりねじを使用した場合に比べてモータ駆動時の必要動力が小さくなるほか、位置を保持するための動力が不要となり、消費電力の削減に貢献します。

トルクセンサ付き電動クラッチレリーズアクチュエータ【初出展】

トルクセンサ付き電動クラッチレリーズアクチュエータは、マニュアル車のクラッチを電動で自動的に制御するシステムです。磁歪式トルクセンサにより、トランスミッションのシャフトが回転していないときからトルクをセンシングしてアクチュエータの制御をすることができます。

これにより、特に発進時のクルマの動きをスムーズにできる可能性があります。また、クラッチ自動断接制御により、運転者が操作することなくコースティング(惰性走行)が可能となり、燃費の向上に貢献します。

その他
  • 低フリクション高密封シール
  • 静音スラストニードル軸受
  • トラクション スクウェア ドライブ
  • 電動アクチュエータ用軸受
  • ボールねじ式ラックタイプEPS

ブース内にて、「パワートレイン」と「ビークルダイナミクス」の領域において、くるま社会に貢献する技術をテーマに、プレゼンテーションを実施します。

展示会概要

展示会名 自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2018 横浜
会場 パシフィコ横浜・展示ホール(神奈川県横浜市)
開催期間 2018年5月23日(水)~5月25日(金)
NSKブースNo. 310
公式サイト http://expo.jsae.or.jp/

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

この企業のニュース