山陰合同銀行にてRPAソリューション「WinActor」の本格運用を開始

2018年03月13日  株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ 

山陰合同銀行にてRPAソリューション「WinActor」の本格運用を開始

~預金調査各種照会取得などの業務を自動化し、年間3,600時間の削減効果~

2018年3月13日

株式会社NTTデータ中国
株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータ中国(以下:NTTデータ中国)および株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社山陰合同銀行(以下:山陰合同銀行)の業務効率化に向けたRPA(Robotic Process Automation)注1ソリューション「WinActor(R)(ウィンアクター)」の本格運用を、2018年3月より開始しました。

山陰合同銀行では、2017年8月より「WinActor」のトライアルを実施してきました。トライアルでは、特に自動化による時間短縮効果が見込めると判断した預金調査各種照会取得業務注2や月例定型業務などの11業務について取り組みを行い、年間3,600時間の時間削減効果について確認することができました。

今後2社は、山陰合同銀行における適用業務の拡大に向け、経営の効率化に向けたさらなる支援を進めていきます。

背景

現在、企業における人手不足や人件費の高騰、働き方改革等の社会背景をきっかけに、業務の自動化・効率化のニーズが高まっています。山陰合同銀行においても、これまで人手を要していた行内事務を自動化することで、働き方改革の実現、人材の最適配置につなげるべく業務自動化の取り組みを進めてきました。

数あるRPAソリューションの中でも、WinActor は完全日本語対応の分かりやすい直感的で操作可能なツールを備え、導入しやすく、業務部門が自ら扱える操作容易性が大きな強みです。このたび、導入後も自動化率向上の取り組みを継続的に実施できる点を山陰合同銀行で評価され、採用となりました。

RPAソリューション:Windows操作ロボット「WinActor」概要

2010年にNTTアクセスサービスシステム研究所で生まれた技術をベースとするRPAソリューションで、大半のRPAソリューションが海外製の中、2013年にNTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT)が製品化に成功した、純国産のRPAソリューションです。NTTデータは販売元として、提供パートナー開拓や技術研修教材作成等を担当しています。

WinActorは2016年後半から一大ブームとなっているRPAソリューションの一つであり、ホワイトカラーのデスクワークの代行・自動化を推進しています。

また、1社あたりのライセンス導入数が、数十ライセンス~数百ライセンスと大規模化するに伴い、サーバー上やパソコン上に点在する多数のWinActorに対する集中管理とガバナンスについての要望が高まってきたことを受け、「WinDirector(ウィンディレクター)(TM)」の提供も開始しています。

管理統制ロボット「WinDirector」概要

「WinDirector」はNTTデータが企画・開発し、2017年9月29日に提供開始した、多数のWinActorを一元的に管理・統制するための運用ツールです。複数のWinActorの実行のスケジューリングや多重実行、即時実行の管理を行うほか、各WinActorの実行結果やステータス確認などを容易に行えます。

各社の役割

各社の役割分担は以下の通りです。

  • NTTデータ中国…山陰合同銀行へのWinActor販売、WinActor適用業務の選定支援、WinActor導入支援対応、WinActorシナリオ作成支援
  • NTTデータ…WinActorの提供、山陰合同銀行のWinActorシナリオ作成支援

事前検証時における山陰合同銀行の適用業務/導入効果

山陰合同銀行では、2017年8月から2018年1月にかけて、11業務について事前検証を行いました。

その結果、トータル年間3,600時間(割合では約30%)の時間削減効果について確認することができました。特に効果の大きかった預金調査各種照会取得業務においては、全体の40%弱の時間削減効果が確認できました。

今後1年間で対象業務を30業務に拡大し業務の効率化を進めるとともに、効率化に伴い創出された時間を活用し、お客さまの利便性向上や新たなサービスの提供に取り組んでいきます。

図:預金調査各種照会取得業務におけるWinActor導入前後の作業フローイメージ

今後について

山陰合同銀行での導入実績を踏まえ、今後、NTTデータ中国とNTTデータでは都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、保険会社、証券会社等の他金融機関のお客さまの業務効率化や働き方改革を支援していきます。

参考

注釈

  • 注1RPA(Robotic Process Automation)とは、ソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのことです。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。
  • 注2預金調査各種照会取得業務とは、各種問い合わせに基づき金融機関において預金状況の照会業務を実施する業務です。膨大な口座数について、複数システムへ繰り返し照会処理を行うことから、事務負担が大きい業務となっています。
  • 「WinActor」は日本国内におけるNTT-ATの登録商標です。
  • 「WinDirector」は日本国内における株式会社NTTデータの商標です。
  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ中国
金融事業部
営業担当
金本、西谷、向川
TEL:082-252-3234

株式会社NTTデータ
広報部
後藤
TEL:03-5546-8051

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ中国
金融事業部
営業担当
金本、西谷、向川
TEL:082-252-3234

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
第四公共事業部
第二統括部
RPAソリューション担当
中川、大熊、福井

ニュースリリースについて

ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

他の画像

配信企業情報

株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都江東区豊洲3-3-3豊洲センタービル MAP
上場区分 東証1部

業界