タヒチ観光局 2018年グローバルキャンペーン「#TakeMeToTahiti(私をタヒチに連れていって)」を実施

2018年04月10日  有限会社 タヒチ観光局 

タヒチ観光局は、実在の3組の旅行者が多様性に富んだタヒチの島々に滞在し、様々な島で実際にエキサイティングな体験をする様子をムービーでご紹介するデジタル・キャンペーンをスタートしました。

タヒチ観光局は日本マーケットに向け、2018年の新しいグローバル・デジタル・キャンペーン ”TakeMeToTahiti(私をタヒチに連れていって)”をスタート


「#Take Me To Tahiti(私をタヒチに連れていって)」キャンペーンは、タヒチの島々の美しい自然とその力強い独特の文化に焦点を当て、世界から訪れる旅行者たちに様々な体験してもらうことをテーマとしています。世界各地からタヒチの島々を訪れてプロモーションビデオへの出演を希望したカップルやファミリーの中から、オーディションで選ばれた2組のカップルと1組のファミリーがタヒチの島々で様々な「マナ」を体験します。これは2016年、2017年に展開した、3組のカップルが異なる島々で時には離れて、時には一緒にアクティブに過ごし、それぞれの心に残る感動的でユニークな体験を共有する"Two Stories / One Mana(2つのストーリー/ 1つのマナ)" の続編となるものです。
#TakeMeToTahiti 私をタヒチに連れていって
タヒチ観光局のキャンペーンは、#TakeMeToTahiti を通じて数多くの魅力的なアクティビティーを紹介し、タヒチの島々の多様性と奥深い魅力を皆様に知って頂くことを目的としています。タヒチ観光局のホームページに掲載されている#TakeMeToTahitiの3つのビデオでは、タヒチの島々で体験できるバラエティに富んだアクティビティの数々をご紹介しています。

タヒチの二面性を強調するビジュアル
ホームページに現れる木彫りのスピンには、7組の相対する以下の14の言葉が刻まれています。


おだやかに / アクティブに
包みこむもの / 解き放つもの
あたたかいもの /つめたいもの
上へ / 下へ
触れる / 感じる
なくしたもの / 見つけたもの
解き放つ / 受け入れる


この言葉はタヒチの島々で体験できるアクティビティーや時間の象徴で、出演者にとってこの言葉に導かれる体験をしたり感じたりすることが旅の目的となります。
タヒチの旅を提案するスピン
出演者はこのスピンを回転させることで、美しいラグーンでのシュノーケリング、ラグジュアリーなホテルでのスパ、バニラ農園への訪問、タヒチ島の波でサーフィン、伝説のティキ観賞、ワイルドな滝を目指したハイキングなどを体験し、タヒチ島、モーレア島、ライアテア島、タハア島、マルケサス諸島など、様々な島で休日を過ごします。ホームページでは、出演者がスピンが指し示したテーマに合わせたアクティビティーを実際に体験する様子をご覧頂けます。



#TakeMeToTahiti キャンペーンでは、デジタルのスピンを使用しタヒチ旅行の異なる体験を提供します。スピンの回転が止まり、矢印が示す体験に合わせた映像が流れ、タヒチの島々での過ごし方やアクティビティのアイデアを提案すると共に、そのテーマに合った旅が紹介されます。

#TakeMeToTahiti キャンペーンページ http://takemetotahiti.jp
タヒチ観光局オフィシャルサイト https://tahititourisme.jp

他の画像

配信企業情報

有限会社 タヒチ観光局

住所

東京都千代田区飯田橋3丁目11-5 20山京ビル8F MAP
上場区分 -