"ワイングラスで楽しむ"究極の浅煎りコーヒー『焙煎士×栄養士』技術で実現、豆本来の豊かな香りスペシャルティコーヒー専門ロースターカフェ「alt.coffee roasters」3月16日(土)オープン

2019/03/13  alt.coffee roasters 

味・健康を両立した国産食材のヴィーガンメニューも提供

 浅煎りのスペシャルティコーヒー専門の「alt.coffee roasters」(代表・焙煎士:中村 千尋)は、独自の研究・技術で実現した豆本来のフルーティーで豊かな香りが持続するハンドドリップコーヒーや、国産食材ならではの甘みを活かしたヴィーガンフードなどを提供するロースターカフェを、2019年3月16日(土)に京都市・二条城前にオープンします。




alt.の特徴は、同じ浅煎りの一般的なサードウェーブコーヒーでは香り・味のピークが抽出後の短時間に限られてしまう場合が多い中、独自の焙煎技法により実現した、豆の多様な持ち味や風味変化を活かしながら、“豊かな香りが持続する”浅煎りコーヒーです。これは、素材ごとの成分進化をあらかじめ予測した温度管理など、栄養士としての経験・技術と、焙煎士として磨いた技法を融合した焙煎方法で実現しました。研究の中で重ねた焙煎機の改良や、コーヒー文化の本場・オーストラリアでのバリスタ経験の中で培った、気温や湿度など日々の変化に合わせた抽出方法などを通して、冷めても美味しさが持続する、特別な一杯をご提供いたします。




コーヒー本来の香りと甘さを活かし、 “ワイングラス”で提供



alt.が“浅煎り”にこだわる理由は、産地によって特徴が異なる豆の個性・フレーバーを最大限引き出し、本来はフルーツであるコーヒーを、一番おいしく感じられるためです。コーヒー本来の苦みのない豊かな香りを経時変化も含めて楽しんでいただきたい、“コーヒー=苦いもの“という印象が強い深煎りが主流の日本の中で、コーヒーの新たな楽しみ方を提案したいという想いから、ワイングラスで提供しています。また、砂糖をいれなくても甘さを感じられるように基本的にブラックで提供しています。


国産野菜・食材の甘みを活かし、白砂糖ゼロのヴィーガンメニュー&ギルトフリースイーツ



天然素材にこだわったフードメニューは、白砂糖やマーガリン、ショートニングを一切不使用。甘酒など国産食材の自然な甘味やコクを引き出したり、ココナツオイルと豆乳等で作ったバタークリーム等を使用しています。また、野菜・果物は国産食材を厳選、栄養士としての経験を活かして、食材の成分特徴・性質を活かした独自のレシピ開発や調理方法で、一般的に“物足りない”“質素”というイメージがあるヴィーガンフードでありながらも、甘みやコクを実現しました。美味しく、より自然で体に良いものを提供できるようメニューを工夫・考案しています。


COFFEE

シングルオリジンコーヒーは、1,000年以上のコーヒーの歴史を持つ発祥地・エチオピアの原種豆など、良質なコーヒー産地として知られるコスタリカなど、世界各国の厳選した農家様からフェアトレードで仕入れた豆を使用。豪州で人気のエスプレッソドリンク「フラットホワイト」など、豊富なコーヒーを揃えています。


Pour Over Coffee(ハンドドリップコーヒー/500)※金額は全て税込



Flat white(フラットホワイト/450)

Coffee Flight(コーヒーフライト/1,000)*各国のドリップコーヒー3種類飲み比べセット



FOOD

季節の国産食材を使用した自家製ベーグルサンドの他、天然素材でコーヒー産地に合わせて美味しさが引き立つように開発した独自レシピのヴィーガンスイーツとのペアリング3種類セットなどをご提供します。


天然素材と季節の手作りケーキ
・有機清見オレンジのケーキ/420
・カカオと新ゴボウのケーキ/400
・冬越し人参のスパイスケーキ/420

果実の自家製グラノーラ/780



国産旬野菜の自家製オープンベーグルサンド/ 780
(北海道産有機キタアカリの自家製ポテトサラダサンド/九州産有機ビーツフムスとサラダサンド )


Coffee Pairing
(コーヒーペアリング/1,600)





BEANS





alt.ではご自宅でもコーヒーをお楽しみいただけるように焙煎豆の販売も行っています。一番美味しい状態でコーヒーを飲んで頂きたいため、豆の挽き売り(粉)は行っておらず、ご注文を受けてからひとつひとつ焙煎しています。※詳細は店頭及びEC専用ページよりご確認ください。
EC専用URL: https://altroasters.thebase.in/


【インダストリアル×ノルディック】スタイルの店舗




店舗は、コーヒーの本場、豪州や欧米系のカフェをイメージしたインダストリアルを基本テーマに、黄色や水色などの差し色やドライフラワーなどノルディックなアクセントを融合、コーヒーをお楽しみいただけるように、シンプルな中にも明るさや遊び心を入れています。また、カップ型のペンダントライトや、ポルタフィルターをドアノブに採用するなど、コーヒーへのこだわりを表現しました。


alt. coffee roasters(オルトコーヒーロースターズ)について


コーヒーに込めた想い
だれもが笑顔になれるサスティナブルな社会を実現したい
との想いから、環境問題に配慮した生産方法だけでなく、その高い品質に対して、農家の方々に適正な対価が支払われているフェアトレードのスペシャルティコーヒーだけを採用しています。コーヒーを楽しむ人々を幸せな気持ちにしてくれる裏側で、誰かが犠牲を払うのではなく、適正な収入を通して、農家の方の生活の向上や、継続的な生産と品質向上に繋がって欲しいと考えています。


 日々、様々な商品や素材を選ぶことができる私たちが、コーヒーという身近な媒体を通して、「誰かに優しくなったり、笑顔に繋がる瞬間が生まれて欲しい」、また、“コーヒー=苦いもの“というイメージが強い深煎りが主流の日本において、「今までにない感動と衝撃を体感してほしい」、そのような想いを込めて “新たな選択肢”という意味を持つ”alternative“ から、『 alt. coffee roasters 』 と名付けました。



工夫を重ねた焙煎プロファイル


alt.では徹底した品質管理のために、焙煎する度に継続的な細かいデータ分析を行っています。農作物であるコーヒー豆が、同じ産地・銘柄であっても毎年の出来が異なることや、焙煎時の気候の変化に影響を受けやすいことによる味のブレに対応し、常に品質の向上を図るためです。また、日々焙煎の研究を進めながら、独自で焙煎機に改良を重ね、科学的分析により焦げる前に煎り止める独自プロファイルを採用。 alt.の小文字には、細部まで観察して味に妥協しない、小さいロットで丁寧に焙煎する、という意味が込められています。



焙煎士について


中村 千尋 バリスタ・焙煎士/栄養士。京都府出身。児童福祉施設での勤務時代、食育や焼菓子教室を担当する中で、障がいをもった子どもたちとの出会いから、国内外の労働賃金の安さや経済的格差等の社会問題に疑問を抱くようになる。自分が高品質で焼菓子にあうコーヒーを淹れられるようになることで、支援に繋げられるのではないかと考え、カフェの本場、豪州・メルボルンに渡り、バリスタを目指す。その後、現地や日本のカフェでバリスタとして従事、開店準備の傍ら、障がいをもった方たちによるイベント等への豆提供を行う。



店舗概要


・店舗名称 :alt.coffee roasters

(オルト コーヒーロースターズ)
・オープン日:2019年3月16日(土)
・住所 :京都府京都市 中京区 神泉苑町 28-4
・アクセス :
地下鉄東西線「二条城前駅」 徒歩5分
JR嵯峨野線「二条駅」 徒歩8分
阪急京都線「大宮駅」 徒歩10分
・営業時間 :8:30~17:00(L.O. 16:45)、不定休
・公式サイト: http://altcoffee-roasters.com/












他の画像

関連業界