セゾン情報システムズの中国現地法人「世存信息」が「2018年中国スマート養老10大ブランド」に選出

2018年04月13日  株式会社 セゾン情報システムズ 

株式会社セゾン情報システムズ
2018 年 4 月 13 日

セゾン情報システムズの中国現地法人「世存信息」が
「2018 年中国スマート養老 10 大ブランド」に選出
~介護施設や、自治体での健康づくり活動など、高齢化する未来を支える IT 基盤~


株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下、セゾン情報システムズ)は、中国国務院新聞弁公室に所属する中国報道(※1)、及び中国捜索(※2)、国際養老フォーラム組織委員会などが主催した「2018 年中国養老十大ブランド」アワードにて、中国現地法人「世存信息技術(上海)有限公司」(董事長 張 圃(以下、世存信息))が、「2018 年中国スマート養老十大ブランド」として選ばれたことを発表します。

今回の受賞は、世存信息が、中国のデイケアセンターと政府向けに提供している「HaiDu Data Spider」を利用した「スマート養老ソリューション」が高く評価されたことによるものです。今後、東アジア各国で急速に高齢化が進むと考えられています。セゾン情報システムズでは、「スマート養老」の実現を支えるデータやシステムを「つなぐ」技術により、中国のみならず日本においても引き続き、これら課題の解決に取り組んでまいります。

※1 1950 年に創刊。中国国務院新聞弁公室、中国外文局主管の定期刊行物。
※2 人民日報、新華社、中国中央テレビ、光明日報、経済日報、中国日報、中国新聞社が共同設立した「中国搜索信息科技股?有限公司」が開発した検索エンジン。

■受賞について

「2018 年中国養老十大ブランド」アワードは中国報道、中国捜索、国際養老フォーラム組織委員会が主催する中国養老業界で大きな投票イベントです。今年は世存信息を含め約 500 社の応募があり、投票ページ閲覧数は約 600 万と大きな注目を集めました。

表彰を受けた「世存信息」は、上海・北京を拠点とし、ファイル連携ミドルウェア「HULFT」とデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」をベースに中国市場向けにローカライズした「HaiDu(海度)」、「HaiDu Data Spider(海度数据蜘蛛)」を開発・販売しています。また、それらソフトウェアによるシステムインテグレーションサービスやソリューションも提供しています。

■「スマート養老ソリューション」について

中国の養老介護施設はその規模や入居者数が非常に大きく、数万人が入居する大規模なものなど、一つの街全体が施設であるような大規模なものが多くあります。

運営規模が大きいだけでなく、中国では介護人材不足が深刻であるため、IT の活用による運営の支援が切実であり「スマート養老」の実現が求められています。しかしながら、多くの設備や入居者の多種多様なニーズを満たすために、様々な IT システムを導入する必要が生じます。そこで問題となるのは、導入された IT システム間の多種多様なデータをどうやって連携させるかです。例えば、誰が入居しているかという基本的な情報だけでも、各システムできちんと情報が連携されていなければ、運営に混乱が生じてしまいます。もちろん、より高度なサービスを提供しようとすると、その前提として複数のシステムのデータが適切に連携され活用されることはどうしても必要となってきます。

そこで世存信息では、多種多様なシステムやデータを、GUI 上の操作のみで迅速かつ柔軟に連携できるデータ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」を現地向けにローカライズした「HaiDu Data Spider」により、養老介護施設を支える様々なシステムを「つなぐ」データ連携基盤を構築する取り組みを行いました。

これにより、多様な IT システムをつなぐ仕組みを個別に構築することなく、容易かつシームレスに連携し、養老介護施設の活動をより支援できる仕組みを実現しました。

■今後の取り組み、および日本における PHR(パーソナルヘルスレコード)の取り組みについて

日本では、中国のように大規模な施設運営は一般的ではありませんが、中国の養老介護施設での課題と同様な取り組みが求められていることがあります。

例えば、医療や介護など個人の健康に関する情報を集約し、生涯にわたって一元管理することで、より個人にあわせた適切な診療を提供する試み、PHR(パーソナルヘルスレコード、生涯型電子カルテ)の取り組みが日本各地で進められています。セゾン情報システムズにおいても、千葉大学病院での PHRの取り組みや、千葉県柏市の「健康ポイント」の取り組みなど、日本での PHR 実現の取り組みを進めてきました(※3)。

※3 千葉大学病院での PHR(生涯型電子カルテ)の取り組みにおいて、「HULFT」がデータ連携基盤として採用
https://www.hulft.com/news/press/httphomesaisoncojpcompanynewspdf2018pr180205-01-skpkiknmpdf

千葉県柏市の「健康ポイント」の取り組みにおいて「HULFT」がデータ連携基盤として採用
https://www.hulft.com/news/press/httpwwwsaisoncojp

それら取り組みにおいては、様々な医療機関での診断履歴や薬の履歴、さらには日ごろの生活での運動の記録など、様々なデータの統一的な管理を実現することはもちろん、健康促進活動へのインセンティブとして発行する健康ポイント制度を実現するにあたり、介護や医療システムではない商業施設の ITシステムと連携する必要も生じているなど、様々なシステムにまたがるデータを連携できることが、より良いサービス実現の鍵となる場合があることが解っています。

今後、日本のみならず中国や韓国でも急速に高齢化が進むと考えられています。介護や健康を支えるIT システムの実現は東アジア全体で取り組みが求められている問題です。セゾン情報システムズでは引き続き、日本においても中国においても、データやシステムを「つなぐ」技術により、これら課題の解決に貢献したいと考えています。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://home.saison.co.jp/company/news/pdf/2018/pr180413_JA_a6q8yfng.pdf

他の画像

配信企業情報

株式会社 セゾン情報システムズJASDAQ
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区赤坂1-8-1赤坂インターシティAIR19F MAP
上場区分 JASDAQ

業界