大災害債「Akibare Re 2018-1」のグループ共同発行について

2018年04月04日  あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社 

2018年4月4日
各 位
三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社
あ い お い ニ ッ セ イ 同和 損 害 保険 株 式 会 社

大災害債「Akibare Re 2018-1」のグループ共同発行について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)ならびに あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)は、今般、国内自然災害リスクを対象 とする大災害債(以下、「キャットボンド」)「Akibare Re 2018-1」を共同発行しました。

本キャットボンドは、国内の台風リスクに加え、損害保険業界で初めて洪水リスクを対象にしている ほか、三井住友海上が発行するキャットボンドは、地震火災費用(※1)のリスクも対象にしました。また、固定部分の利回りは、1.90%と低廉な水準を実現しています。

MS&ADインシュアランス グループは、今後も再保険やキャットボンドの適切な活用を通じて、 リスク管理を強化し、経営の健全性向上に努めていきます。

(※1)地震もしくは噴火またはこれらによる津波を原因とする火災で一定割合以上の損害が発生した場合にお支払いする 保険金です。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.aioinissaydowa.co.jp/corporate/about/news/pdf/2018/news_2018040400480.pdf

配信企業情報

あいおいニッセイ同和損害保険 株式会社
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都渋谷区恵比寿1-28-1 MAP
上場区分 -

業界