カラテカ矢部太郎と学ぼう!皇室の知られざる裏側TOKYO FM特別番組「陛下と僕」 ~第3回~

2019/03/13  株式会社 エフエム東京 

2019年3月15日(金) 20:00~20:55放送

TOKYO FMでは3月15日(金)20時から、『TOKYO FM特別番組「陛下と僕」~第3回~』を放送します。カラテカの矢部太郎と共に、天皇・皇后両陛下のことや皇室、そして宮内庁の儀式や働く皆さんについて学ぶ番組「陛下と僕」。第3回は美智子さまのお人柄や、天皇陛下との歩みにフォーカスします。 そして今回、矢部太郎は「雅楽」に挑戦!1300年以上にわたり代々雅楽に携わってきた楽師の方から、みっちり教えを乞うた結果・・・ 初めて触れた笙(しょう)で、音が出せるのでしょうか。 3月15日(金)20時からの放送を、どうぞお楽しみに。


◆カラテカ矢部太郎、雅楽の衣裳に身を包み、「笙(しょう)」に初挑戦!
豊英秋(元宮内庁楽部首席楽長)矢部太郎 (お笑い芸人・カラテカ)


豊英秋(元宮内庁楽部首席楽長)矢部太郎 (お笑い芸人・カラテカ)


岩井克己(朝日新聞特別嘱託)渡邊満子(元日本テレビプロデューサー)宮城孝治(元共同通信宮内庁担当)


先月24日 在位30年記念式典に臨まれた天皇陛下は、「天皇としてのこれまでの務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした」と語られました。そして来月、4月30日、天皇としての務めを終え、退位されます。
1月から全4回シリーズでお送りしている特別番組「陛下と僕」。今回は、美智子さまについて「学び」「知る」放送です。民間から初めて皇室に嫁がれた美智子さま。ご結婚当時は「ミッチー・ブーム」と呼ばれる社会現象が巻き起こりました。皇室に入られてからの60年間は、決して平たんな道のりではありませんでした。天皇陛下が、「常に私と歩みを共にし、私の考えを理解し、私の立場と務めを支えてきてくれた」と述べられた美智子さまの人生とお人柄を、皇室取材を続けてきた記者たちの言葉から探ります。
番組進行を務めるのは、エッセイ漫画『大家さんと僕』で大人気の矢部太郎。今回挑戦するのは、1300年にわたり、皇室と共に歴史を刻んできた「雅楽」です。天空から降りそそぐような音を奏でる「笙(しょう)」の演奏に、宮内庁楽部で首席楽長を務めた豊英秋さんの指導で挑みます。さて…宇宙を感じさせる笙の音を、皆さんにお届けできるのでしょうか。
3月15日(金)20時からの放送を、どうぞお楽しみに。

【番組概要】
◆タイトル:TOKYO FM特別番組 「陛下と僕」 ~第3回~
◆放送日時: 2019年3月15日(金)20:00~20:55 (第4回は4月中旬放送予定)
◆放送局: TOKYO FM
◆進 行: 矢部太郎 (お笑い芸人・カラテカ)
◆出 演:(敬称略)
岩井克己 (皇室ジャーナリスト、朝日新聞皇室担当特別嘱託)
片山大介 (参議院議員、元NHK宮内庁担当)
橋本大二郎 (前高知県知事、元NHK宮内庁担当)
宮城孝治 (徳島新聞特別編集顧問、元共同通信宮内庁担当)
渡邊満子 (メディアプロデューサー、元日本テレビプロデューサー)
豊永聡美 (東京音楽大学 教授)
豊英秋 (元宮内庁楽部 首席楽長) 他

他の画像

関連業界