インドネシア・ジャワ1ガス焚き複合火力発電プロジェクトにおけるFSRU建造・保有・操業に参画 ~ノウハウを駆使し、FSRUを用いたGas-to-Powerプロジェクトとしてはアジア初の案件受注~

2018年12月07日  株式会社 商船三井 

2018年12月07日

インドネシア・ジャワ1ガス焚き複合火力発電プロジェクトにおけるFSRU建造・保有・操業に参画
~ノウハウを駆使し、FSRUを用いたGas-to-Powerプロジェクトとしてはアジア初の案件受注~

株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)はこのたび、インドネシアにおけるジャワ1ガス焚き複合火力発電プロジェクト(以下、「本プロジェクト」)に関し、PT Pertamina (Persero) (President & CEO:ニク・ウィディヤワティ、本社:インドネシア・ジャカルタ、以下「Pertamina」)、丸紅株式会社(社長:國分 文也、本社:東京都中央区、以下、「丸紅」)、双日株式会社(社長:藤本 昌義、本社:東京都千代田区、以下「双日」)等と共同出資するPT Jawa Satu Regas社(以下、「JSR」)を通じて、浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備(以下、「FSRU」)(*1)1隻の造船契約、FSRUサービス契約、ならびに融資契約を締結致しました。商船三井はFSRUの建造監督業務、および保守・操業業務を受託致します。

本プロジェクトは、Pertamina、丸紅、双日が共同出資するPT Jawa Satu Power社(以下、「JSP」)がインドネシア・西ジャワ州において発電容量1,760MWの大型ガス焚き複合火力発電所を建設・所有・操業すると共に、JSRが洋上で発電用燃料となるLNGを貯蔵・再ガス化するためのFSRUを建造・所有・操業し、25年間に亘り一体で保守・運転し、インドネシア国有電力会社 PT. PLN (Persero)(以下、「PT. PLN」)に対して売電する計画です。発電施設とガス関連施設を一体として開発する、いわゆるGas-to-PowerプロジェクトとしてはFSRUを用いたアジア初の成立案件であり、本プロジェクトの発電容量に合わせ、最適なタンク容量や再ガス化能力を備えたFSRUをプロジェクトに提供します。

本プロジェクトにおける融資は、株式会社国際協力銀行、アジア開発銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行、オーバーシー・チャイニーズ銀行、クレディ・アグリコル銀行、ソシエテ・ジェネラル銀行による協調融資を行うプロジェクトファイナンス(*2)で、民間金融機関の融資には株式会社日本貿易保険による保険を付保します。

商船三井は、これまで蓄積してきたLNG船・FSRU事業の実績・経験を基に本プロジェクトを通して、インドネシアにおける電力の安定供給に貢献すると共に、LNGの多様な調達を指向するお客様のニーズに沿ったFSRU事業を推進していきます。

(*1) Floating Storage and Regasification Unitの略。浮体式LNG貯蔵再ガス化設備。洋上でLNGを再気化し、陸上パイプラインへ高圧ガスを送出する能力を持つ。

(*2)プロジェクトから生み出されるキャッシュ・フローを主な返済原資とする資金調達方法

【ジャワ1ガス焚き複合火力発電プロジェクト概要】

  • 所在地:インドネシア西ジャワ州チラマヤ(ジャカルタの東方約100km)
  • 発電容量 :1,760MW
  • 運転開始 :2021年12月(予定)
  • 売電先 :PT. PLN
  • 売電期間 :25年間

【FSRU概要】

  • 全長:292.5メートル
  • 全幅:43.4メートル
  • LNG貯蔵能力:170,000立方メートル
  • 再ガス払出能力:300百万立方フィート/日
  • 造船所:三星重工業株式会社(韓国)

【位置関係図】
インドネシア・ジャカルタ東方のCilamaya sea 14km沖合にFSRUを設置。発電所はFSRUサイト沿岸に新設し、FSRUとは約21kmのガスパイプラインで接続される。

他の画像

配信企業情報

株式会社 商船三井東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区虎ノ門2-1-1商船三井ビル MAP
上場区分 東証1部

業界