「東京の川を考えるシンポジウム2018」参加者募集

2018年06月14日  東京都庁 

2018年06月14日 建設局

河川愛護月間関連行事のお知らせ
「東京の川を考えるシンポジウム2018」参加者募集!
つなごう未来へ!身近な水辺 東京の川

7月は河川愛護月間です。東京都では、身近な東京の川について、知識を深めていただくため、下記のとおりシンポジウムを開催します。ぜひご参加下さい。

開催日時

7月31日(火曜日) 13時30分~16時30分

場所

新宿区立区民ホール(角筈区民ホール)

住所

新宿区西新宿4丁目33番7号

募集人数

150人

テーマ:地域のつながりの場としての水辺空間の活用

東京の河川・水辺のにぎわいの創出に向けて、河川を舞台として地域の人々の活動や交流の機会を増やしていくことが重要です。そこで、本シンポジウムでは、水辺と周辺地域との「つながり」を意識したまちづくりについて、エリアマネジメントの観点を交えた基調講演を行うとともに、河川・水辺のにぎわいを創出するための新たな方法について、河川において様々な活動を行う事業者や地域の観光、イベントに取り組まれている方々とディスカッションを行います。

【第1部】基調講演

基調講演者:保井美樹氏(法政大学現代福祉学部・人間社会研究科教授)

【略歴】福岡県出身。91年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。97年米ニューヨーク大学大学院公共政策大学院都市計画専攻修士課程修了。04年法政大学現代福祉学部専任講師、05年同大学院人間社会研究科准教授。13年より現職。この間10年英ロンドン大学大学院地理環境研究科客員研究員。博士(工学)。専門は、エリアマネジメント、都市・地域経営、地域自治、公民連携など。主な著書に『ポスト2020の都市づくり』(共著・学芸出版社)、『新版エリアマネジメント』(共著・学芸出版社)など多数。

保井美樹氏

【第2部】パネルディスカッション

  • コーディネーター
    保井美樹氏
  • パネリスト
    荻原康子氏(公益財団法人墨田区文化振興財団)
    知久和男氏(タリーズコーヒージャパン株式会社)
    中村太一氏(ヒューリック株式会社)
    森山育子氏(一般社団法人墨田区観光協会)

※五十音順

応募方法

往復はがきに必要事項を記入し、下記のあて先まで応募して下さい。
インターネットでも応募いただけます。参加費は無料です。

必要事項

  • 参加者全員の氏名、年齢(ふりがなも記載してください。1応募につき5人まで)
  • 代表者の住所
  • 電話番号
  • メールアドレス(お持ちの方)

あて先

〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
東京都建設局 河川部計画課 環境計画担当

締切日

7月13日(金曜日)(当日消印・受信有効)

ホームページより、内容及びインターネットからの応募方法をご覧いただけます。
募集人数を超える場合は抽選(結果は応募締切より10日前後でお知らせ予定)

託児保育サービス

シンポジウム当日(13時00分から終了まで)、生後6カ月以上の未就学児のお子様をお預かりできます。ただし、受入人数に限りがあるため、お預かりできない場合があります。

〔個人情報等の取扱〕
応募者の個人情報は、該当行事のご案内以外には使用しないものとし、その保護に万全を期してまいります。

問い合わせ先
建設局河川部計画課
電話 03-5320-5425

他の画像

配信企業情報

東京都庁
上場区分 -