平成30年度の地盤沈下調査結果がまとまりました。

2019/03/14  新潟県  

平成30年度の地盤沈下調査結果がまとまりました。

2019年03月14日

新潟県地盤沈下調査連絡協議会
(事務局)県民生活・環境部環境対策課

国、県及び関係市は、「新潟県地盤沈下調査連絡協議会※」を設置し、県内の5地域で地盤沈下の調査を行っています。
平成30年度の調査結果の概要は以下のとおりです。30年度において最大沈下量を示した地点は、上越地域の上越市子安新田で、沈下量は1年あたり2.8cmでした。

※ 新潟県地盤沈下調査連絡協議会の構成機関(事務局:新潟県)
農林水産省北陸農政局、経済産業省関東経済産業局、国土交通省北陸地方整備局、国土交通省国土地理院北陸地方測量部、新潟県、新潟市、長岡市、柏崎市、新発田市、上越市、南魚沼市


(参考)
地盤沈下は、地下水の過剰な汲み上げにより、主として粘土層が収縮することで起きる現象です。県内には、軟弱な粘土層を有する平野や盆地が存在し、それらの地域で地盤沈下が顕在化しています。

調査結果の概要

○新潟地域
最も大きな沈下を示したのは、新発田市住吉町三丁目で、沈下量は2.2cmであり、29年度の最大沈下量(1.3cm:新潟市北区松浜町)を上回りました。
○上越地域
最も大きな沈下を示したのは、上越市子安新田で、沈下量は2.8cmであり、29年度の最大沈下量(0.5cm:上越市大潟区渋柿浜)を上回りました。
○長岡地域
調査を隔年で実施しており、2年間で最も大きな沈下を示したのは、長岡市宮下町で、1年あたりの沈下量は1.0cmでした。
これは、前回調査の最大沈下量(0.3cm:長岡市福島町)を上回りました。
○南魚沼地域
最も大きな沈下を示したのは、南魚沼市六日町で、沈下量は1.0cmであり、29年度の最大沈下量(1.1cm:南魚沼市六日町)を下回りました。

なお、柏崎地域は調査を隔年で実施しており、30年度は調査を実施しませんでした。
また、水準測量調査結果のうち、地盤沈下以外の要因で沈下したと考えられる水準点(防波堤等に設置された点)は除外しました。

最近の最大沈下量の状況


調査地域 最大沈下量を示した地点及び年間沈下量(㎝)
30年度 29年度 28年度 過去の最大
新 潟 2.2
新発田市住吉町三丁目
1.3
新潟市北区松浜町
1.1
新潟市北区松浜町
53.7(S35)
新潟市西区寺尾上
上 越 2.8
上越市子安新田
0.5
上越市大潟区渋柿浜
0.3
上越市下門前
10.1(S59)
上越市西城町
長 岡 1.0 ※
長岡市宮下町
隔年調査の
ため休止
0.3 ※
長岡市福島町
3.7(H3)
長岡市蓮潟
南魚沼 1.0
南魚沼市六日町
1.1
南魚沼市六日町
0.7
南魚沼市余川
9.2(S59)
南魚沼市余川
柏 崎 隔年調査の
ため休止
1.0 ※
柏崎市幸町
隔年調査の
ため休止
3.0(S63)
柏崎市元城町
※ 隔年調査のため、2年間の沈下量から1年あたりの沈下量を算出しました。

報道発表資料

報道発表資料(PDF形式 82 キロバイト)

(参考)観測調査を含めた詳細な結果について(報告書)

新潟・新発田地域における地盤沈下

上越地域における地盤沈下

長岡地域における地盤沈下

南魚沼地域における地盤沈下

柏崎地域における地盤沈下

◇このページに関するお問い合わせは

環境対策課
〒 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5154 ファクシミリ: 025-280-5166
電子メール: ngt030160@pref.niigata.lg.jp