仏像の表情分析に AI を活用

2018年12月05日  日本マイクロソフト 株式会社 

仏像の表情分析に AI を活用

2018年12月5日 | Japan News Center

奈良大学が、Cognitive Services を用いて全国約 210 体の仏像について表情や年齢などを分析

Posted by: コーポレートコミュニケーション本部
日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフトの学習済み AI である Cognitive Services は、広告エンターテイメントチャットボットなど、幅広い分野で活用されています。今回、奈良大学は、全国の約 210 体の仏像について、Cognitive Services を活用して、仏像の推定年齢や表情などを分析した調査結果を公表しました。

仏像の感情測定では、Cognitive Services の Face API を使って、怒り、恐怖、喜び、中立、悲しみなど、8 つの表情を数値化し、傾向を分析しました。その結果、測定できた仏像の平均年齢は 38 歳で、西大寺の叡尊上人像の 83.5 歳が最高年齢との結果になりました。また、興福寺の阿修羅像は、正面からの写真を用いて測定したところ、推定 23 歳との結果となりました。

【図】阿修羅像(興福寺)の分析

調査では、飛鳥時代の仏像の表情は「喜び」の数値が高く、奈良および鎌倉時代では「怒り」が高い傾向となりました。同大学副学長の関根俊一様には「この手法で仏像の特色を明らかにすることができそうだ」と AI を活用した分析へ期待を寄せていただいています。

また、今回の研究に関連して、自分の写真をアップロードすると、近い表情の仏像が表示される特設サイトも公開していますので、是非お試しください。

【特設サイト】Buddience ~仏像の顔貌を科学する~
https://www.nara-u.ac.jp/buddience/

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Tags: 人工知能

他の画像

配信企業情報

日本マイクロソフト 株式会社

住所

東京都港区港南2-16-3品川グランドセントラルタワー MAP
上場区分 -

業界