世界最高のオムニ戦略とEC 化率30%の実現を目指し、ラオックスグループと業務提携契約を締結

2018年02月14日 

2018/2/14
株式会社ロコンド

世界最高のオムニ戦略と EC 化率 30%の実現を
目指し、ラオックスグループと業務提携契約を締結


靴とファッションの通販サイト、LOCONDO.jp を運営する株式会社ロコンド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中裕輔、以下「ロコンド」)は、ラオックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:羅 怡文、以下「ラオックス」)およびその子会社である株式会社モード・エ・ジャコモ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山崎陽子、展開ブランド:mode et jacomo MEDA、mode et jacomo carino 等、以下「MEJ」)、株式会社オギツ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:飯野信和、展開ブランド:ing、Pitti 等、以下「オギツ」)との業務提携契約を締結致しました。

ロコンドはこれまでファッション EC としての圧倒的な地位を確立すべく「試着できる、靴とファッションの通販サイト」として、その他ファッション EC とは異なる独自路線を歩んで来ました。靴、特に、婦人靴を主軸とする返品無料のファッション EC というビジネスモデルは流通高 1,000 億円以上の Zappos(米国)や Zalando(欧州)等、グローバル市場でもそのニーズの大きさが証明をされています。

但し、国内婦人靴市場においては百貨店売上割合が依然として高く、在庫が各店舗に分散するため、在庫回転率が低水準で推移するだけでなく、EC 在庫が欠品し EC 化率が上がらない、という課題がありました。欧米靴市場の EC 化率は 25~35%と言われている一方、国内 EC 化率は 10%強と言われています。

百貨店をはじめとするリアル店舗の売上も維持しながら、EC 売上も大きく引き上げる唯一の策は「オムニ戦略」しかない、と考えています。特に「在庫」を店舗・EC 間でシェアリングし、在庫回転率を引き上げる事が重要で、そのため、ロコンドはこれまで EC 事業に加えて、自社 EC 運営(BOEM)、店舗配送受託(e-3PL)、店舗欠品フォロー(LOCOCHOC)、店舗在庫のリアルタイム販売機能(LOCOPOS)等、様々なプラットフォーム事業を展開して参りました。

その上で、これらを活用し「世界最高峰のオムニ戦略のベストプラクティス」を確立すべく、今回、ラオックスグループとの業務提携契約に至りました。MEJ(旧株式会社シンエイ含む)とオギツを合わせると国内婦人靴卸・メーカーとしては最大規模になります。ロコンドは、展開している全てのプラットフォームサービスを MEJ およびオギツに提供し、オムニ戦略の実現に貢献して参ります。

本取組によって MEJ、オギツ両社のアイテムが EC に安定的に供給される体制が整う事に加え、EC における品揃えの大幅拡大も実現するため、LOCONDO.jp をはじめとする EC 取扱高が大幅に増える事を見込んでおります。尚、MEJ、オギツとは 2020 年度までに EC 売上比率を 30%に引き上げる事を共同目標として掲げております。その目標達成のため、上記のオムニ戦略や在庫シェアリングを早期に実現する事に加え、ロコンドとしても LOCONDO.jp の認知度向上やその他ブランドの品揃え拡大、更なる顧客満足度の向上に向けた機能強化など、EC 事業単体の価値も更に向上させて参ります。

以上

会社名 株式会社ロコンド 代表者 田中 裕輔
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町 30-13 グラスシティ元代々木 8階
電話 03-5465-8022
URL https://www.locondo.co.jp/
設立 2010 年 10 月 22 日

<本件に関するお問合せ>
株式会社ロコンド PR 担当: 北村
TEL:03-5465-8022 FAX:03-5465-8023 E-mail:pr@locondo.co.jp

この企業のニュース