ロシアの商業銀行SBI Bankと極東投資誘致・輸出支援エージェンシーの業務提携について

2018年04月03日 

ロシアの商業銀行SBI Bankと
極東投資誘致・輸出支援エージェンシーの業務提携について

2018年4月3日
SBIホールディングス株式会社
SBI Bank LLC.

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)の100%子会社で、ロシアにおける商業銀行であるSBI BANK LLC.(取締役会会長:畑尾勝巳、本社所在地:モスクワ、以下「SBI Bank」、旧「YAR Bank」より2018年2月に商号変更)は極東投資誘致・輸出支援エージェンシー(代表:Leonid PETUKHOV、The Far East Investment and Export Agency、略称:FEIA)と、主に極東地域における中堅・中小企業を対象とした日露関連プロジェクトに対する金融サービスの提供について業務提携することと致しました。

SBI Bankは昨今の日露経済協力の関係から、距離的にも日本企業が比較的進出しやすく、今後経済発展が期待される極東地域における中堅・中小企業を対象とした日露関連プロジェクトに対する金融サービスを提供する予定であり、この度極東地域において数々のプロジェクトを統括するFEIAとの業務提携に至りました。
なおこの度の提携は2016年5月の日露首脳会談において安倍首相よりプーチン大統領に提示された日露経済協力の8項目のうち、「中小企業交流・協力の抜本的拡大」および、「極東の産業振興・輸出基地化」に基づいており、SBI Bankは日本企業が関与する極東のプロジェクトに関して、FEIAの助言や情報提供を受け主に独自に極東へ進出する日本企業および日本企業のパートナーとなるロシア企業に対する金融支援を行う予定です。

更にSBI BankはSBIグループが強みとするインターネットを活用した最先端のオンラインリテールバンキングの構築、日本資本のローカルバンクとして日本企業のお取引先となる現地企業に対するクレジットを含むフィナンシャルサポートの提供を通じて、日露経済関係の強化ならびにロシア経済の発展に貢献してまいります。

以上

印刷時には、PDFデータをご利用ください。
印刷用(155.7 KB)

この企業のニュース