サトーヘルスケアとマイクロ・テクニカ、世界初となる独自の医薬品偽造防止マーキングシステム「KiiSpot」を共同開発

2018年06月14日  サトーホールディングス 株式会社 

2018年6月14日

サトーヘルスケアとマイクロ・テクニカ、世界初となる
独自の医薬品偽造防止マーキングシステム「KiiSpot」を共同開発

サトーヘルスケア株式会社
株式会社マイクロ・テクニカ

サトーグループで国内外のヘルスケア事業を統括するサトーヘルスケア株式会社(本社:東京都港区、以下 サトーヘルスケア)および、画像検査ソリューションのリーディング・カンパニーである株式会社マイクロ・テクニカ(本社:東京都豊島区、以下 マイクロ・テクニカ)は共同で、医薬品等の個装箱や外箱の段ボールに偽造防止マークを印字することで、誰でも簡単・確実に真贋判定が行える偽造防止マーキングシステム「KiiSpot(キースポット)」を構築しました。製薬メーカーのお客さまを対象に、本年9月より販売を開始する予定です。

「KiiSpot」は暗号アルゴリズムによって、バーコード類の付近に特定のマーク(偽造防止マーク)を複数印字し、それをスマートフォンの専用アプリで撮影、クラウドシステムにつないで個体識別を行うことで、誰でも簡単に真贋判定を行える世界初の技術です。同じバーコードを印字された商品やケースであっても、その偽造防止マークによって真贋性を判定します。医薬品の製造時に、偽造防止マークを個装箱や外箱に印字・検査し出荷することで、流通(卸売)の現場で、また調剤薬局・病院での受け入れ検査で、さらに患者さんご自身でも、箱に印字された偽造防止マークをスマートフォンで読み取り、真贋判定を容易に行うことができます。

また、製薬メーカーは、いつ、どこで真贋判定が行われたかというデータを収集・活用でき、判定結果についてのアラート通知も受け取ることができます。さらに、KiiSpotの導入時には特殊な設備を必要とせず、外箱への印字用にサトー製のラベルプリンタ(スキャントロニクス CL4NX-Jシリーズ)、個装箱への印字用にパナソニック デバイスSUNX製のCO2レーザーマーカー(LP-400シリーズ)、検査用にマイクロ・テクニカ製のバーコード検査装置(RSC-1000)という標準的な装置だけでご利用になれます。

偽造医薬品は、世界的に深刻な問題となっています。WHO(世界保健機関)の2017年の調査によれば、途上国で流通する医薬品の1/10が規格外か偽造であり、さらに報告されていないものも相当数あることが推測されるとしています1。国内においても昨年、C型肝炎治療薬の偽造事件が起こったことで、厚生労働省が再発防止に向けた省令を公布しています。

サトーヘルスケアおよびマイクロ・テクニカは、KiiSpotの提供により、偽造医薬品の脅威からの国内医療の保護に貢献するとともに、将来的にはKiiSpotをグローバルで展開し、世界規模で偽造医薬品の撲滅を支援していく考えです。

(※1)WHO発表資料(2017年)
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2017/substandard-falsified-products/en/

《参考資料》

KiiSpot 概要図

インターフェックスにおける展示

サトーヘルスケアではKiiSpotを、「第31回インターフェックス ジャパン」(6月27日~29日 東京ビッグサイトにて)に参考出品します。ブース(小間番号 E25-14)へぜひお立ち寄り下さい。

■ サトーヘルスケア株式会社 概要

所在地 :東京都港区芝公園1丁目7番6号 CROSS PLACE浜松町9階

代表者 :代表取締役社長 小沼 宏行

事業内容:バーコード、ICタグなど自動認識技術を活用した医療分野向けソリューションの企画・提案ならびに、バーコードプリンタ等ハードウェア、各種医療ラベル等サプライの販売

URL :http://www.sato.co.jp/company/about/group/health.html

■ 株式会社マイクロ・テクニカ 概要

所在地 :東京都豊島区東池袋3-12-2 山上ビル

代表者 :代表取締役社長 葛生 仁

事業内容:各種業界における目視検査をコンピューター技術を用いて自動検査する画像認識・検査システムの開発・製造・販売

URL :https://www.microtechnica.co.jp

他の画像

配信企業情報

サトーホールディングス 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都目黒区下目黒1-7-1ナレッジプラザ MAP
上場区分 東証1部

業界