パレスチナ・ガザ:ユニセフ、7万人分の医薬品・医療用資材届ける【プレスリリース】

2018年05月17日 

子どもの負傷1,000人以上


トラックでガザに届けられた医療物資。(C) UNICEF_State of Palestine_2018
【2018年5月16日 東エルサレム 発】

ユニセフ(国連児童基金)はパートナー団体と協力して、緊急に必要とされている医療物資約7万人分を、トラック2台に満載してガザに届けました。医薬品や医療用資材には、外傷の治療に必要な抗生物質、整理食塩水、注射器などが含まれます。

今年3月30日以降、ガザでの暴力により1,000人以上の子どもが負傷しました。多くは重傷で、切断にいたるなど、その子の人生を変えてしまう可能性があります。

最近の暴力により、深刻な停電および燃料や医薬品や医療用資材の不足によりすでに崩壊寸前のガザの脆弱な保健システムがさらに悪化しています。最近の暴力により、医療施設はさらに複雑かつ命にかかわる怪我を負った人々を抱え、対応しきれない状態にあります。

最近の暴力の激化により、もう何年も耐えがたい苦しみを抱えて生きている子どもたちの状況が、さらに悪化しています。子どもたちは、攻撃されたり、暴力に使用されたり、危険な状況に置かれたりするのではなく、守られなければなりません。パレスチナ全土で緊張が高まる中、ユニセフはすべての当事者に対して、子どもたちを危険から遠ざけ、被害が及ばないように、特別な措置を取ることを求めます。

■パレスチナの子どもたちの状況に関して

ガザでは、子どもの半数が人道支援に依存し、4人に1人が心理社会的ケアを必要としています。彼らの家庭に電力が供給されるのは1日に4-5時間のみ、また10世帯のうち9世帯は定期的な安全な水の供給を直接受けられません。
ガザの子どもたちは、この10年間に3回の大規模紛争を生き抜いてきました。
パレスチナ全土で、子ども8,000人と教員400人が通学・通勤時に検問所を通過する際に彼らを保護するための監視を必要としています。
パレスチナ全土の子どもたちは、多様な形での暴力を経験しています。90%以上が、家庭で、学校であるいは路上で暴力を経験したことがあると報告しています。
若者の失業率は極めて高く、全国で40%、ガザでは60%にのぼります。
初等教育の就学率が高い(94%)にもかかわらず、15歳以上の男子4人に1人は学校に通っていません。


* * *

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。(www.unicef.org)
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する34の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国34の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

この企業のニュース