高速道路で唯一の体験型自動車イベント「ハイウェイ・モーターショー Produced by KURUMAG.」に出展

2018年09月14日  横浜ゴム 株式会社 

2018年09月14日

横浜ゴム、高速道路で唯一の体験型自動車イベント「ハイウェイ・モーターショー Produced by KURUMAG.」に出展

横浜ゴム(株)は2018年9月15日(土)~17日(月)の3日間、新名神高速道路の宝塚北サービスエリア(兵庫県宝塚市)で開催される、高速道路で唯一の体験型自動車イベント「ハイウェイ・モーターショー Produced by KURUMAG .」にブースを出展する。

出展ブースでは「楽しいハンドリング」をテーマにしたハイパフォーマンス・スポーティー・タイヤ「ADVAN FLEVA V701(アドバン・フレバ・ブイナナマルイチ)」やヨコハマスタッドレス史上最高性能を実現した乗用車用スタッドレスタイヤ「iceGUARD 6(アイスガード シックス)」、国内外のトップレースを支えるモータースポーツ用スリックタイヤ「ADVAN A005(アドバン・エーゼロゼロゴ)」などを紹介する。さらに、今年40周年を迎えたグローバル・フラッグシップブランド「ADVAN」のイメージカラーである“Red in Black”を纏った「Honda S660」や、人気レースだった全日本GT選手権(JGTC)で活躍した「PORSCHE 911 GT2 (1995年参戦車両)」などを展示。車好きをはじめ、多くのドライバーに“走る喜び”を提供し続けてきたヨコハマの高性能タイヤをアピールするとともに、お客様とのコミュニケーションを通じて「YOKOHAMA」の認知度向上を図る。

今年5回目を迎える「ハイウェイ・モーターショー」は偶発的な出会いと感動の提供を目的としており、参加各社による体験ブースやグッズの展示・販売、ステージイベント、ナイトシアターなど車の旅やカーライフを楽しくする多数のコンテンツを用意している。昨年はカーメーカーや自動車関連企業など33社・ブランドが参加し約12万7,000人が来場した。

横浜ゴムは2018年からスタートした3カ年の中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」のタイヤ消費財戦略において「お客様とのコミュニケーション活性化」を掲げており、SNSの活用やイベントを通したユーザーとのコミュニケーション強化を図っている。今回のイベントは同戦略に則ったもので、今後もこうしたイベントを積極的に実施していく。

他の画像

配信企業情報

横浜ゴム 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区新橋5-36-11 MAP
上場区分 東証1部

業界