「2018岡山のインバウンド観光動向 ~DBJ・JTBFアジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2018年版)結果等から~」を発行

2019/01/10  株式会社 日本政策投資銀行 

DBJ News

2019年01月10日

[[レポート]]「2018岡山のインバウンド観光動向
~DBJ・JTBFアジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2018年版)
結果等から~」を発行

株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、このたび、「2018岡山のインバウンド観光動向~DBJ・JTBFアジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2018年版)結果等から~」を発行しました。

DBJでは、平成24年より継続して、アジア8地域(韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア)の海外旅行経験者を対象としたインターネットによるアンケート調査を実施しており、平成27年からは公益財団法人日本交通公社(会長:末長安生、以下「JTBF」という。)と共同で調査を実施しております。平成28年10月からは、アジア8地域にアメリカ、オーストラリア、イギリス、フランスの4地域を加えた12地域を対象に、7回目となる調査をJTBFと共同で実施しました。

当レポートは、その中で特に「岡山」に関する項目を取り上げており、岡山訪問経験者や、岡山訪問希望者についての回答結果をまとめたものです。その上で、調査結果に基づき、今後拡大するインバウンド需要を踏まえた岡山観光振興のための提言を掲載しています。

今回の調査結果の特徴としては、主に以下の4点が挙げられます。

(1)今後の観光戦略として、岡山への旅行者を日帰りから宿泊にする集客活動が効率的かつ高い経済波及効果に結びつく。
(2)他の観光地から岡山へ移動する手段の発信を積極的に行う。
(3)自然災害などの不安に対する災害時ガイドなどの発信が必要。
(4)認知度・訪問意欲が低いことが課題。宣伝は国や地域によって適切な内容・方法で発信することが求められる。

当レポートをご希望の方は、DBJウェブサイト「拠点レポート(中国)」(https://www.dbj.jp/investigate/area/chugoku/index.html)に掲載しておりますので、ご参照ください。

DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも地域に役立つ情報発信を積極的に行ってまいります。

【お問い合わせ先】
岡山事務所 電話番号 086-227-4311

関連業界