西銘経済産業副大臣が国際エネルギー・フォーラム(IEF)閣僚会合に出席しました

2018年04月13日  経済産業省 

西銘経済産業副大臣が国際エネルギー・フォーラム(IEF)閣僚会合に出席しました

本件の概要

西銘経済産業副大臣は、国際エネルギー・フォーラム(IEF)閣僚会合に出席するため、4月10日から13日にかけて、インドの首都ニュー・デリーに出張しました。また、同会合に出席した各国エネルギー担当閣僚等と会談を行いました。

1.国際エネルギー・フォーラム(IEF)閣僚会合

  1. 4月11~12日、第16回国際エネルギー・フォーラム(IEF)閣僚会合に出席しました。IEF閣僚会合は、72の石油・ガスの主要生産国および消費国のエネルギー担当大臣が一同に会する「産消対話」の場です。本年の閣僚会合では、「グローバル・エネルギーセキュリティの将来:転換、技術、貿易と投資」をテーマに、各国政府、エネルギー関連国際機関、企業等が一堂に会し、エネルギー市場の現状と見通し並びにその課題等を議論しました。
  2. 西銘経済産業副大臣からは、毎年経済産業省が日本で主催している「LNG産消会議」におけるLNG生産国と消費国との対話の重要性等を訴えるとともに、昨年12月に策定した「水素基本戦略」に触れ、世界に先駆けて水素社会の実現を目指す日本の政策を発信しました。


モディ・インド首相との開会前挨拶


パネリストとして登壇

2.各国エネルギー大臣との会談

また、この機会を捉え、主要な出席国の閣僚等と意見交換を行いました。
カタールのアル・サダ・エネルギー・工業大臣との会談では、LNGに関する協力等について議論しました。アラブ首長国連邦のマズルーイ・エネルギー大臣との間では、幅広い分野での両国間協力について議論を行いました。米国のマーク・メネゼス・エネルギー省次官との間では、日米エネルギー協力の強化について議論しました。IEAファティ・ビロル事務局長との間では、IEAに対する期待等について議論しました。


カタール アル・サダ大臣


UAE マズルーイ大臣


米国 メネゼス次官


IEA ビロル事務局長

担当

資源エネルギー庁 国際課長 田中
担当者:石井、石黒
電話:03-3501-1511(内線4491~4)
03-3501-0598(直通)
03-3501-3056(FAX)

公表日

平成30年4月13日(金)

他の画像

配信企業情報

経済産業省
上場区分 -