ホテル業界向け新AIサービスをいちご株式会社と共創 [ 富士通九州システムズ ]

2018年03月29日 

PRESS RELEASE

2018年3月29日
株式会社富士通九州システムズ

ホテル業界向け新AIサービスをいちご株式会社と共創

当社は、ホテル事業において、AI(人工知能)技術や、IoT(Internet of Things)を活用した新たなビジネス創出に向け、いちご株式会社とソリューションを共創することで合意しました。

本合意より、宿泊業界のお客様を主たる対象として、当社の保有するビッグデータと、いちご株式会社が保有するレベニューマネジメント(注1)スキルを活用し、IoTを用いてホテルの収益拡大および経営効率に寄与するソリューションの提供を図ります。

当社は、1985年からホテル向け特化ビジネスに取り組んでいます。全国のホテル・ブライダル・旅館業に「GLOVIA smart ホテル・ブライダル」「GLOVIA smart 旅館」をオンプレミス型、クラウドサービス型の双方で展開しています。

日本のホテル市場は、観光政策の推進に加え、東京五輪開催決定等によるインバウンド需要拡大を背景とし、堅調な成長市場となっています。一方で、さらなる成長を見込んだ新築ホテルの増加等により、各地の競争は激化しています。技術革新や価値観の多様化、社会やビジネス構造の変化に柔軟に対応できるソリューションが求められています。

本計画では、当社といちご(株)の互いの知見を活用し、ホテルの価値向上を目指し、ホテルの収益向上とホテル利用者の満足度向上を実現するソリューション共創を図ります。

共創ソリューション

  1. いちご(株)のレベニューマネジメントシステムと当社のホテルシステムを連携します。
  2. 当社のホテルシステムとスマートロック(注2)との連携ソリューションを開発し、いちご(株)が保有もしくは運用するホテルへ展開します。その後、一般販売を検討します。
  3. 当社のホテルシステムと自動チェックイン機との連携ソリューションを開発し、 いちご(株)が保有もしくは運用するホテルへ展開します。その後、一般販売を検討します。
  4. いちご(株)のレベニューマネジメントシステムで生成するデータをAIにより解析し、アルゴリズムを最適化します。これにより、レベニューマネジメントの自動化を図ります。
  5. いちご(株)のレベニューマネジメントシステムを当社にOEM提供し、当社から販売します。
  6. 当社のホテルシステムをいちご(株)にOEM提供し、いちご(株)から販売します。

本計画の特長

  1. ビッグデータの活用
    当社のクラウドビジネスにより収集したビッグデータを活用することで、業界の客観的 動向を把握できます。このデータを活用することでレベニューマネジメント分析、各種分析をすることができ、ホテル環境を取り巻くミクロ視点、業界マクロ視点での情報比較が可能となります。
  2. AIの活用
    AI(人工知能)技術の活用を予定しており、これまでの属人的判断から解放され、高度なシミュレーションに基づく多様な分析アプローチが可能となります。
  3. IoTによる管理コスト削減を実現
    IoTの活用により、チェックイン業務や客室業務を効率化、簡素化し、ホテルスタッフのみならず、利用者の利便性も向上させます。

用語説明

注1 レベニューマネジメント:
在庫を翌日に繰り越せないビジネスにおいて、需要を予測して収入(レベニュー)の最大化を目ざし、適切な販売管理をおこなうことです。
注2 スマートロック:
スマートフォン等の機器を用いて客室ドアの開閉・管理をおこなう機器およびシステムです。

関連リンク

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
産業流通ソリューション本部 ホテルソリューション部
 電話: 092-707-5644
 お問い合わせフォームへ

この企業のニュース