2018年一番茶萌芽宣言

2018年04月03日 

ツイート

平成30年一番茶萌芽宣言

報道発表日:平成30年4月3日

京都府茶業研究所
TEL:0774-22-5577

京都府茶業研究所では、毎年宇治茶生産者の皆様に向けて、作業日程の参考としていただくために、一番茶の萌芽宣言を行っております。

本宣言は宇治茶のシーズン到来を告げるものであり、府の南部地域では本格的な春の訪れを知らせる風物詩にもなっています。

この度、平成30年度の一番茶萌芽宣言を行いましたので、皆様にお知らせいたします。

茶の萌芽とは

冬の寒さに耐えてきたお茶の芽は、京都府南部では4月上旬になると力強く芽吹いてきます。これを「一番茶の萌芽」といいます。

一番茶のお茶摘みは、萌芽から約1月後、ちょうど八十八夜(5月2日)頃に始まります。

萌芽宣言とは

茶業研究所での萌芽調査の結果を基に、その年の一番茶シーズンの訪れを宣言するものです。

また、宇治茶生産者の方に向けての霜害への注意喚起の意味合いもあり、必要な対策を促します。

萌芽宣言の詳細

以下リンク先の資料をご確認ください

<リンク>茶業研究所萌芽宣言概要(PDF:634KB)

<流通・ブランド戦略課トップに戻る>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部流通・ブランド戦略課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4968

ファックス:075-414-4974

ryutsu-brand@pref.kyoto.lg.jp

この企業のニュース