SmartHRが、従業員のエンゲージメント測定機能「従業員サーベイ」を公開!

2020/09/24  株式会社 SmartHR 

~ SmartHRに蓄積された情報を効率的に組み合わせ、多角的な分析で戦略人事を推進 ~

株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)が運営するクラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」は、従業員エンゲージメントを正確に測定できる「従業員サーベイ」機能を2020年9月24日に公開しました。従業員サーベイとは「従業員満足度調査」とも呼ばれ、従業員と企業の関係改善と組織活性化を目的に実施するものです。従業員サーベイの結果とSmartHR内に登録されている情報を組み合わせることで、効率的かつ中長期的な組織状態の可視化・分析が可能となります。



■ 機能の概要と特徴
「従業員サーベイ」は従業員に対して送付したアンケート結果と、SmartHR内に蓄積された従業員情報を掛け合わせることで、中長期的な企業の状態を分析できるサービスです。アンケートは、回答方法の選択式・記述式を自由に組み合わせながらオンライン上で作成し、個人や部署・全社といった回答の対象となる従業員を選択することで、本人にメールで通知。回答漏れについても、指定した回答期限に合わせ「従業員サーベイ」が催促メールを自動送信するため、回答回収の手間を削減します。集まった情報は、部署・全社等に分けて分析可能で、「従業員サーベイ」上に全ての回答情報が蓄積されることから、中長期的な企業の健康状態を知ることができ、従業員と企業の関係改善と組織活性化に繋がります。

<従業員サーベイの使い方>
(1)担当者がアンケートを作成・配布


SmartHRに登録されている従業員に対し、担当者がアンケートを作成し、配信。
すでにSmartHR上に従業員情報が蓄積されているため、新たに人事データベースを構築する・社員情報を入力するといった必要はありません。
SmartHR上に用意されている基本の設問項目もそのまま使用できます。さらに、基本質問項目の中から不要な質問を削除、独自の質問を追加できます。これにより、企業が特に意識的に従業員にヒアリングしたい点や、企業改善時に注力したい点の集中的な分析を可能にします。



                     アンケート作成画面
(2)従業員がアンケートに回答


SmartHRに登録しているメールアドレスにアンケートの回答依頼が届きます。
メールに記載されているURLにアクセスし、回答します。

(3)担当者がアンケート結果とSmartHR内の従業員情報を元に分析


アンケート結果と、SmartHRの従業員情報を組み合わせたクロス集計ができます。部署や雇用形態、評価等と組み合わせることによって、今まで把握が難しかった課題の発見に繋げます。「従業員サーベイ」は、SmartHRの全てのプラン(https://smarthr.jp/pricing/)に対応しており、オプション機能としてご利用いただけます。



               (上)アンケート回答画面(下)集計画面


                     アンケート分析画面

「従業員サーベイ」は、SmartHRの全てのプランに対応しており、オプション機能としてご利用いただけます。
https://smarthr.jp/survey/

■ 開発の背景
2006年から2030年にかけ、約1,070万人の労働人口減少が減ると予測されています(※1)。また、2019年に施行された働き方改革関連法により、労働時間が削減され、個人は今まで以上に生産性高く働き、組織は社員が中長期的に活躍したいと思える働きやすい環境を作ることが重要視されています。

“日本の人事部”による調査(※2)では、「戦略人事は重要である」という項目質問に対し、8割以上の人が「当てはまる」と回答。一方で、「人事部門が戦略人事として機能している」の項目で「当てはまる」と回答した人は3割にも満たず、戦略人事の重要性は強く意識されているものの、機能していないことがわかります。

また、SmartHR導入企業からは「SmartHRで効率化され生まれた時間を、従業員定着のために使いたい」という声もあります。株式会社SmartHRも自社に合った従業員サーベイを見つけられず、組織と個人の現状の可視化・分析に対し、課題を感じていました。そこで、組織や部署、従業員個人の性質とSmartHRに蓄積された従業員データを組み合わせ、分析可能な従業員サーベイをプロダクト化し、同じ悩みを抱える他社にも提供したいと考えました。

※1:『厚生労働白書』:https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/08/dl/04.pdf
※2:『日本の人事部 人事白書 2019』

■ 今後の展開
SmartHRは、人事労務の業務効率化および働くすべての人の生産性を向上させる、「クラウド人事労務ソフト」です。労務手続き・従業員管理・年末調整等のアナログな部分をなくし、業務の煩雑なコミュニケーションを減らすことで、人事労務担当者も従業員も"本当に必要な仕事"に集中できる時間をつくります。また、SmartHRに蓄積されたデータは、この度公開した「従業員サーベイ」での活用を始め、戦略人事や組織改革における意思決定を促進します。
製品開発や優れた他社サービスとの連携を進め利便性を高めることで、SmartHRは「気持ちよく働ける会社」を日本に増やしていきます。

■ クラウド人事労務ソフト「SmartHR」について
SmartHRは、2年連続シェアNo.1(※3)のクラウド人事労務ソフトです。雇用契約や入社手続き、年末調整などの多様な労務手続きのペーパーレス化を実現します。組織や従業員の情報を集計・可視化できる「ラクラク分析レポート機能」は戦略人事にも活用可能。さらに、勤怠管理や給与計算システムなど、様々なサービスとの連携も充実。SmartHRは煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放し、企業の生産性向上を後押しします。
※3『HRTechクラウド市場の実態と展望 2019年度 労務管理クラウド部門』ミック経済研究所調べ


「SmartHR」サービスサイト:https://smarthr.jp


■ 会社概要


社名:株式会社SmartHR
所在地:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー39F
代表取締役:宮田 昇始
事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
設立:2013年1月23日
資本金:4億9000万円
企業URL:https://smarthr.co.jp/

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

他の画像

関連業界