EMC対策製品: ノイズサプレッションMAF1608GAD-Lタイプの開発と量産

2019/12/10  TDK 株式会社 

ニュースセンター | プレスリリース

EMC対策製品: ノイズサプレッションMAF1608GAD-Lタイプの開発と量産

  • TDK独自開発の低歪フェライト材料により低音声歪みを実現
  • 定格電流2A以上の実現でスマートスピーカー等の据置スピーカーラインへ使用可能に

2019年12月10日

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、スマートスピーカー等のオーディオラインに対応したノイズサプレッションフィルタ「MAF1608GAD-L」タイプを開発し、2019 年12月から量産を開始することを発表します。

本製品は、TDKが独自に開発した低歪フェライト材料を使用し、内部構造の最適化を図ることで、ノイズ対策部品の挿入弊害である音質劣化を抑制すると同時に、無線通信で使われる1GHz以上の周波数やD級アンプノイズの周波数において高減衰特性を実現しました。また、従来品のMAF1608GAD-Cタイプと比較して低抵抗かつ定格電流値2A以上を実現したことで、2W以上の出力が必要なスマートスピーカー等の据置スピーカーラインでも使用が可能となりました。

今回の新製品MAF1608GAD-Lを含むMAFシリーズは、ノイズ除去特性を維持しながら音声歪みの抑制を実現するフェライト材を使用することで、優れたノイズ減衰効果により受信感度劣化を大幅に改善しつつ、チップビーズを使用した際に発生する音質劣化の問題を解決します。
今後もスマートフォンのヘッドフォン、マイクライン用であるMAF1005GADタイプと合わせ、豊富なラインアップでノイズ対策と高音質化のニーズに応えます。

主な用途

  • スマートスピーカー、タブレット端末のオーディオライン(イヤフォン、マイク、スピーカー)

主な特長と利点

  • 低歪フェライト材料の採用によって低音声歪みを実現し音質劣化を防止
  • 定格電流2A以上を実現し据置スピーカーラインへの使用が可能に

主な特性

製品名 インピーダンス
@900MHz
[Ω] Typ.
直流抵抗
[Ω] Typ.
直流抵抗
[mΩ]max.
定格電流
[A]
MAF1608GAD121L- 120 0.021 0.027 3.2
MAF1608GAD201L 200 0.045 0.059 2.3

生産・販売計画

  • サンプル価格 :30円/個
  • 生産拠点 : 日本
  • 生産予定 : 500万個/月(当初)
  • 生産開始 : 2019年12月

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、温度、圧力、磁気、MEMSセンサなどのセンサおよびセンサシステムがあります。さらに、磁気ヘッドや電源、二次電池などです。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。
アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。2019年3月期の売上は約1兆3000億円で、従業員総数は全世界で約105,000人です。

ダウンロード

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 Email Address
大須賀 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

関連業界