モメンタム、アドベリフィケーションへの積極的な取り組みを行うアドプラットフォームを認定する「Platform Certification Program(PCP)」を開始

2019/03/14  Momentum 株式会社 

ADMATRIX DSP、KANADE DSP、ScaleOut DSP、Sphere、NewsTV Network、popIn Discovery、Logicadを初回認定

アドベリフィケーション事業を専業で行うMomentum株式会社(以下、モメンタム)は、2019年3月より、モメンタムのソリューションを活用しながらアドベリフィケーションへの取り組みを積極的に行う広告配信プラットフォームの認定プログラム「Platform Certification Program(PCP)」を開始します。 初回は、ADMATRIX DSP(株式会社クライド)、KANADE DSP(京セラコミュニケーションシステム株式会社)、ScaleOut DSP(Supership株式会社)、Sphere(マーベリック株式会社)、NewsTV Network(株式会社NewsTV)、popIn Discovery(popIn株式会社)、Logicad(ソネット・メディア・ネットワークス株式会社)の7つを認定いたしました。



モメンタムではこれまでも、『無価値な広告をゼロにする』という理念のもと、アドプラットフォーム・広告主・広告代理店など、さまざまな企業のニーズに合わせたアドベリフィケーションソリューション「HYTRA(ハイトラ)」シリーズの開発・提供を行ってまいりました。

2019年1月より、デジタル広告業界のさらなる健全化を推進するプログラムとして、モメンタムの提供するデータを正しく活用いただきながら、安心・安全な広告配信を行う技術と実績を持つ広告代理店を「Agency Certification Program(ACP)」のパートナーとして認定する取り組みも開始しております。

この度新たなプログラムとして開始した「Platform Certification Program(PCP)」は、モメンタムの提供するデータを正しく活用いただきながら、安心・安全な広告配信を行う技術と実績を持つアドプラットフォームを認定する取り組みです。

初回認定を行った、ADMATRIX DSP(株式会社クライド)、KANADE DSP(京セラコミュニケーションシステム株式会社)、ScaleOut DSP(Supership株式会社)、Sphere(マーベリック株式会社)、NewsTV Network(株式会社NewsTV)、popIn Discovery(popIn株式会社)、Logicad(ソネット・メディア・ネットワークス株式会社)の7つのアドプラットフォームでは、「HYTRA API」を同プラットフォームにて配信されるすべての広告キャンペーンにおいて適用することで、広告の入札取引が行われる前にアドフラウドやブランドセーフティの観点から不適切・不正な掲載面への広告配信を未然に防ぐと同時に、無価値な広告枠への入札コストを抑えることで広告配信効果の最大化が期待できます。

モメンタムは今後も、国内最大級のアドベリフィケーションソリューションカンパニーとして、様々な企業のニーズにあわせたサービスの開発・提供や、認定プログラムの取り組みを通じ、日本のデジタル広告業界の健全化を目指し、尽力してまいります。

■「HYTRA(ハイトラ)」について

HYTRAは、モメンタムがさまざまな企業のニーズにあわせて提供するアドベリソリューションラインナップです。広告代理店向けアドフラウド・ブランドセーフティ対策用ブラックリスト提供サービス「HYTRA DASHBOARD」、アドプラットフォーム向けアドフラウド・ブランドセーフティ対策API提供サービス「HYTRA API」、広告主向け専用アドベリフィケーション運用サポートサービス「HYTRA for Advertiser」の3つのラインナップを展開しています。

【Momentum株式会社】 http://www.m0mentum.co.jp/

事業内容:アドテクノロジー関連技術の開発
所在地:東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山ビル
代表者:代表取締役社長 高頭 博志

<本件についてのお問い合わせ先>
Momentum株式会社 広報
E-mail:info@m0mentum.co.jp TEL:03-6365-1970



他の画像

関連業界