小型パッケージユニットを用いた水素ステーション竣工のお知らせ

2018年04月09日 

2018年4月9日
各 位
代表取締役社長 堀田 康之
千葉市美浜区中瀬一丁目10番1
東証1部 6498

小型パッケージユニットを用いた水素ステーション竣工のお知らせ

キッツが、長坂工場(山梨県北杜市)に自家用として建設していた小型パッケージユニットを用いた水素ステーションが完成し、4月6日、工事関係者及びキッツ関係者約20名が出席して、竣工式を執り行いましたのでお知らせいたします。

水素エネルギーは、低炭素社会実現に向けた環境対策の上で利点が大きく、政府も改めて水素を重視する方向に踏み込む動きを見せております。需要面の強化策として燃料電池自動車の普及を促進する他、インフラ面でも水素ステーションの整備目標を引き上げ、さらに、規制改革にも着手することが報道されています。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、今後、東京を中心に100台以上の燃料電池バスの導入が予定されるなどの具体的な動きも見られます。

キッツでは、今後、燃料電池自動車及び燃料電池フォークリフトを社用車として活用し、本水素ステーションの運用の実証を通じて、今後のバルブ開発のための技術蓄積を行ってまいります。また、将来的には、コンパクトで高機能、安価な小型パッケージユニットを市場へ提案することも視野に進めてまいります。

■水素ステーションの概要
名 称 : キッツ長坂工場 水素ステーション(自家用)
建設場所 : 株式会社キッツ 長坂工場(山梨県北杜市長坂町2040)
供給方式 : 圧縮機・蓄圧器パッケージユニットを用いたオフサイト供給方式
(ディスペンサーのパッケージ化も可能な拡張タイプ)
供給能力 : 55Nm3/h(1時間に燃料電池自動車2台を満タンにすることが可能)
充填圧力 : 燃料電池自動車用…70MPa(JPEC-S0003-2014)
燃料電池フォークリフト用…35MPa
構成機器 : 油圧駆動式ブースター型圧縮機
複合蓄圧器(TYPE Ⅲ)
70MPa/35MPa アイランドタイプ ダブルディスペンサー 等
施 工 : 株式会社チヨダセキュリティーサービス

【設置された水素ステーション用バルブ】
【キッツ長坂工場 水素ステーション全景】

このリリースの画像:
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1081557
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1081558

■本件に対するお問い合わせ先
バルブ事業統括本部 プロダクトマネジメントセンター
CLESTEC(クレステック)事業推進部
TEL:043-299-1765

以 上

この企業のニュース