Air Transport World誌 「Airline of the Year 2018」受賞!

2018年03月30日 

第17‐123号
2018年3月30日

Air Transport World誌
「Airline of the Year 2018」受賞!

~平子裕志 代表取締役社長が授与式に参加~

ANAは、米国のAir Transport World誌(以下、ATW誌)より、「Airline of the Year 2018」に選ばれ、2018年3月27日にアイルランドで、「Airline of the Year 2018」受賞式が盛大に開催され、ANAの代表取締役社長の平子裕志が出席しました。今回は、2007年、2013年に続く3回目の受賞となり、3回受賞したのは、アジアのエアラインで初めてとなります。

ATW誌は1964年に設立された、世界でも権威と伝統のある民間航空業界の月刊誌で、1974年より「Airline Industry Achievement Award」として顕著な実績のあった航空会社や個人を選び、表彰しています。今回ANAが受賞した「Airline of the Year 2018」はその中の最高賞であり、2017年の中で、極めて優れた業績やサービスを提供したり、イノベーションを起こした航空会社に贈られる賞です。

ANAが受賞した理由としては、直近1年間の財務実績、予約・チェックインから搭乗ゲートそして機内まで一連の品質の高い顧客サービスの提供、最新テクノロジーの積極的な導入などが挙げられています。また、北米路線の拡大(成田=メキシコシティ線の新規開設、成田=ロサンゼルス線の増便)やANA 『STAR WARS™プロジェクト』で最新の『C-3PO™ ANA JET(ボ-イング777-200型機)』を含め4機のスターウォーズデザイン機を就航させているなどの斬新なアイディアが評価されました。

「この度、このような素晴らしい賞を受賞できたことは当社にとって非常に名誉あることであり、世界の約1万4千人の従業員を代表して御礼を申し上げます。このような賞を受賞できたのは、従業員の日々の改善の努力がお客様が評価いただいたお蔭だと思っています。お客様への感謝を胸に過去の評価に決して驕ることなく、これからも世界のお客様に「夢」や「感動」に溢れるサービスで、安全且つ高品質な空の旅をご提供してまいります。」(ANA代表取締役社長 平子 裕志)

ANAグループは、これからも引き続き、お客様満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループを目指してまいります。

※Airline of the Year 2018 URL:https://www.ana.co.jp/ja/jp/promotion/airlineoftheyear2018/

印刷をされる方はこちらをご利用ください

PDF形式を閲覧するには
Adobe Readerが必要です。

この企業のニュース