愛知県(朝日遺跡)と名古屋市(歴史の里しだみ古墳群)との連携協定の締結式を行います

2019/03/15  愛知県  

愛知県(朝日遺跡)と名古屋市(歴史の里しだみ古墳群)との連携協定の締結式を行います

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月15日更新

愛知県では、東海地方を代表する弥生時代の遺跡である「朝日遺跡(清須市・名古屋市西区)」の魅力を発信するため、平成32(2020)年秋の新施設の開館に向け清洲貝殻山貝塚資料館の拡充整備を進めています。また、名古屋市においては、各時代を象徴する古墳が限られた地域に集中する全国でも希少な志段味古墳群(名古屋市守山区)に「歴史の里しだみ古墳群」を平成31年4月1日にフルオープンする予定です。
この度、弥生時代及び古墳時代を代表する両遺跡のそれぞれの整備を契機として、県民の古代に対する興味・関心を高めるため、連携協定を締結することとなりました。
ついては、下記のとおり締結式を行いますので、お知らせします。

1 日時

平成31年3月19日(火曜日)午後4時30分から午後4時45分まで

2 場所

名古屋市役所東庁舎6階 教育委員会室
名古屋市中区三の丸三丁目1番1号

3 代表者

・愛 知 県:平松直巳(ひらまつ なおみ)愛知県教育委員会教育長
・名古屋市:杉﨑正美(すぎさき まさみ)名古屋市教育委員会教育長

4 主な連携協定事項

・広報媒体を活用すること。
・古代ロマンのストーリーを制作すること。
※朝日遺跡と志段味古墳群を中心とした愛知の古代史のストーリーを制作
・学校教材を作成すること。
・学校の校外学習の利活用を図るための事業を共同して実施すること。

5 連絡先

・愛 知 県:愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室管理グループ
松本、原田 電話052-954-6782 県庁内線3960、3961
・名古屋市:名古屋市教育委員会事務局文化財保護室
片岡 電話052-972-3266

6 参考

(1) 朝日遺跡の概要

清須市・名古屋市西区に位置する東海地方最大の弥生集落。逆茂木(さかもぎ)・乱杭(らんぐい)などの強固な防御施設が全国で初めて発見された。平成24年には主要な出土品2,028点が国の重要文化財に指定された。
現在、平成32(2020)年秋の新施設の開館に向けて、整備を進めている。

(2) 志段味古墳群の概要

4世紀前半から6世紀末頃までの古墳時代のほぼすべての時代に古墳が造られ、各時代を象徴する古墳がごく限られた地域に集中する全国でも希少な古墳群。平成26年には国史跡に指定された。
平成31年4月1日に「体感!しだみ古墳群ミュージアム」が開館し、「歴史の里しだみ古墳群」がフルオープンとなる予定。

体感!しだみ古墳群ミュージアム(名古屋市教育委員会提供)

このページに関する問合せ先

学習教育部生涯学習課文化財保護室

管理グループ
〒4608501 名古屋市中区三の丸3-1-2 Tel:052-954-6782 Fax:052-954-6962
メールでの問合せはこちら

他の画像