「脂肪酸育種価」の活用に係る研修報告会を開催します!

2018年05月17日 

一覧へ戻る

1243 「脂肪酸育種価」の活用に係る研修報告会を開催します!

平成30年5月17日
畜産課
坂本、加地
TEL : 0852-22-5137
FAX : 0852-22-6043
Mail : chikusan@pref.shimane.lg.jp

近年、牛肉の「おいしさ」に関与する要因として脂肪の質に注目があつまっています。脂肪の質には、飼養管理のほか、遺伝的要因が関与するとされており、島根県畜産技術センターにおいても平成27年度から脂肪酸育種価の解析に取り組んでいます。
今後のしまね和牛の改良に欠かせない「脂肪酸育種価」の活用について、最新の知見や解析状況、今後の活用に係る情報を、生産者と関係機関・団体担当者で共有する研修報告会を開催します。

1.日時
平成30年5月21日(月) 14:00~16:00

2.場所
島根県雲南合同庁舎 501、502会議室(雲南市木次町里方531-1)

3.主催者
島根県畜産技術センター、島根県畜産課

4.内容、講師
(1)脂肪酸育種価解析の現状と今後の活用について(仮題)
講師:公益社団法人全国和牛登録協会 情報解析課 勝田 智博 氏
西 和隆 氏
(2)島根県内の脂肪酸育種価解析状況について
報告:畜産技術センター しまね和牛改良科 中村 亮一 氏

5.参集範囲
生産者、JA・県・市町村・関係団体担当者など

※1脂肪酸とは、食品中に含まれる脂質の主要な構成成分のことで、オレイン酸を含む「一価不飽和脂肪酸」が牛肉のおいしさに関与していると言われています。

※2育種価とは、牛が持っている遺伝的な能力の度合いを数字で示した指標のことで、この数値を参考に牛の改良を進めています。



一覧へ戻る

この企業のニュース