小型軽量ながら高倍率・高画質を実現したAPS-Cズームレンズ『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』を発売 [ソニー(株)/ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)/ソニーマーケティング(株)]

2018年01月12日 

2018年1月12日
  • 新商品

小型軽量ながら高倍率・高画質を実現したAPS-Cズームレンズ『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』を発売

ソニーは、APS-C対応のα Eマウントレンズとして、小型軽量(最大径67.2mm×長さ88mm、質量約325g)で広角18mmから望遠135mmまで(35mm判換算で27-202.5mm相当)をカバーする高倍率ズームレンズ『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』を発売します。

ズーム全域での高い描写性能と、高速・高精度かつ静粛なAF(オートフォーカス)性能に高い機動力も併せ持ち、風景、ポートレート、ネイチャーなどの幅広い被写体の静止画および動画撮影にお使いいただけ、日常から旅先まで多様な撮影シーンでオールラウンドに活躍するレンズです。

  • ※『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』で撮影した高画質作例は、Sony Photo Galleryをご覧ください。
型名 発売日 価格
『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』 SEL18135
(APS-C、Eマウント)
2月2日 80,000円+税

※ 予約販売は1月17日(水)10時より開始します。

α[Eマウント] レンズ(APS-C対応)

『E 18-135mm F3.5-5.6 OSS』 (SEL18135)の主な特長

使用頻度の高い広角18mmから望遠135mmまで(35mm判換算で27-202.5mm相当)を幅広くカバーし、光学ズーム7.5倍の本レンズは、質量約325gの小型軽量設計で、ミラーレス一眼カメラ『α6500』や『α6300』などと共に、機動力の高いAPS-Cシステムを提供します。

非球面レンズと2枚のED(特殊低分散)ガラス採用の新規光学設計により、ズーム全域において画面周辺まで高い描写性能を実現します。また、最短撮影距離0.45m、最大撮影倍率0.29倍と、近接撮影性能にも優れています。さらに、光学式手ブレ補正機構を内蔵することにより、手持ち撮影をサポートします。リニアモーター採用により、静音ながら高速・高精度なAFを実現するので、静止画だけでなく動画撮影にも活躍します。

  • 携帯性に優れた小型軽量設計 最大径67.2mm×長さ88mm、質量約325g
  • 円形絞りの採用により、美しいぼけを表現
  • リニアモーターの採用により、静止画でも動画でも高速・高精度で静粛なAF駆動を実現し、
    『α6500』や『α6300』の持つAF/AE※1追従高速連写にも対応
  • ※1:AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御

<先行展示のお知らせ>

新商品をソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、1月13日(土)より展示します。詳細は、以下のURLでご覧いただけます。

<主な仕様や詳細に関しては、下記の商品サイトからご確認ください。>

  • ※:αは、ソニー株式会社の商標です。
  • ※:その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月~金:9:00~18:00 土日祝:9:00~17:00

この企業のニュース