ボーイング式737-8型及び737-9型航空機の運航停止について

2019/03/14  国土交通省 

ボーイング式737-8型及び737-9型航空機の運航停止について

平成31年3月14日

ボーイング式737-8型機については、昨年10月29日にライオン航空610便墜落事故が発生し、さらに本年3月10日にエチオピア航空302便墜落事故が発生しております。
本事案の発生を受け、14日(日本時間)、当該機の設計製造国である米国の連邦航空局(FAA)は同型式機及び737-9型航空機(以下「737MAX航空機」という。)の米国の運航者による運航及び米国の領域における運航を禁止しました。
これを受け、国土交通省としても、当分の間、737MAX航空機の本邦への乗り入れを停止することとし、添付のとおり、本邦に乗り入れる外国航空会社に通知しましたので、お知らせします。

添付資料

報道発表資料(PDF形式)

ボーイング式737-8型及び737-9型航空機の運航停止について(PDF形式)

お問い合わせ先

国土交通省航空局 安全部 航空事業安全室 清水 久保
TEL:(03)5253-8111 (内線50146 50145) 直通 03-5253-8731

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

関連業界