シスコ、Kubernetes on AWS向け、初のハイブリッド ソリューションを発表

2019/01/10  シスコシステムズ 合同会社 

シスコ、Kubernetes on AWS向け、初のハイブリッド ソリューションを発表

November 10, 2018

~アプリケーションの実行場所にとらわられず構築と稼働に集中~

アプリケーションはビジネスの生命線です。それを簡単に構築して迅速に稼働させることができれば、ビジネスの競争において大いに優位に立つことができます。しかし、ひとたびアプリケーションの稼働に行き詰まると、ビジネスチャンスを逃すことになります。シスコは、コンテナ化されたアプリケーションの稼働をシンプルにするAWS(Amazon Web Services)向けの新しいソリューションによって、この問題を解決します。

組織は、パブリック クラウドとプライベート クラウドにまたがって、制約なく、場所を問わずにアプリケーションを開発、配備する能力が必要です。Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWSを利用することで、お客様は運用グレードのKubernetesをオンプレミスで簡単に実行することができます。これは、オンプレミスのKubernetes環境をAmazon Elastic Container Service for Kubernetes(Amazon EKS)に合わせて構成し、シスコのネットワーキング、セキュリティ、管理、監視ソフトウェアとAWSのワールドクラスのクラウド サービスを連携させることで実現します。これにより、お客様はアプリケーションの稼働場所にとらわれることなく、その構築と使用に集中することができます。

新しいソリューションの主な機能は次のとおりです。

  • 開発者によるイノベーションを迅速化し、市場投入までの時間を短縮します。コンテナ化されたアプリケーションをオンプレミスとAWSクラウドにまたがってより簡単に配備し、管理できます。

  • IT運用チームの複雑さとコストを軽減します。オンプレミスKubernetesインフラストラクチャの管理は、オンプレミスとAWS共通のツールセットによって合理化されます。

  • 開発者とIT運用チームの両方のニーズに対応します。アプリケーションは、既存のリソースを使って既存の運用環境で動作するようにコンテナ化できます。

  • ワールドクラスのサポートを提供します。ソリューションのあらゆる部分がシスコのエンタープライズ サポートの対象となります。

「現在、ほとんどのお客様はオンプレミスとクラウドのどちらでアプリケーションを開発するか選択を迫られています。これは、環境、テクノロジー、チーム、ベンダーの複雑に混在する可能性があります。このような選択を迫られること自体に問題があります。今後、開発者は既存の投資を活用して、ビジネス変革を加速させるクラウド環境の新しいアプリケーションを開発することができます。これによって、実行場所を問わずにハイブリッド アプリケーションを簡単に配備・管理できるようになり、お客様はクラウドとオンプレミスの両方の環境を1つのソリューションで最大限に活用できます」と、シスコ クラウド プラットフォーム、ソリューション担当シニアバイスプレジデント、キップ・コンプトン(Kip Compton)は述べています。

Amazon Web Services, Inc.のチャネル、アライアンス担当グローバル バイスプレジデント、テリー・ワイズ(Terry Wise)氏は、次のように述べています。「どこよりもAWSとKubernetes on AWSでコンテナを実行するお客様が増えています。お客様は、クラウド向けに設計されたソリューションを求めています。シスコとAmazon EKSの統合により、お客様はシスコベースのオンプレミス環境とAWSクラウドの両方でコンテナ化されたアプリケーションを迅速に配備、稼働できるようになります」

発売予定、価格、サポート

Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWSは、2018年12月から提供が開始されます。これは、Cisco Container Platformだけを必要とするソフトウェア専用ソリューションと、Cisco HyperFlex(TM)で稼働するCisco Container Platformを利用するハードウェア/ソフトウェアのバンドル製品双方で提供されます。ソフトウェアのライセンスは、1、3、5年間のサブスクリプション契約です。ソフトウェアのみのサブスクリプションの最低価格は、一般的なエントリレベルの構成で1年間約65,000ドルです。AWSでは、Kubernetesワーカー ノードの実行のためにAWSリソース(Amazon EC2インスタンスやAmazon Elastic Block Storeボリュームなど)に加えて作成されるAmazon EKSクラスタごとに1時間あたり0.20ドルです。

新しいソリューションは、シスコとグローバル パートナー ネットワークを通じて販売されます。プラットフォームのサポートは、シスコのワールドクラスのテクニカル サポートによって行われます。Cisco DevNetは、開発者がハイブリッド クラウド アプリケーションの試用とベンチマーク測定を行うためのオンライン リソースも提供します。

関連リソース

??シスコ エグゼクティブ ブログ(クラウド プラットフォームおよびソリューション グループ担当SVP、キップ・コンプトン)[英語]

??シスコ + AWSのテクニカル ブログ [英語]

??Cisco Hybrid Solution for Kubernetes on AWSのページ [英語]

??シスコとAWSの関係について [英語]

??Cisco DevNet AWS DevCenter [英語]

??Amazon EKSに関する情報 [英語]

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)

**当資料は、2019年11月8日に発表されたニュースリリースの抄訳です。
Cisco Announces First Hybrid Solution for Kubernetes on Amazon Web Services

関連業界

情報・通信業界のニュース