カリフォルニア・レーズン協会 2017ー2018年度 マーケティング活動を発表

2017年09月15日 

カリフォルニア・レーズン協会は、9月13日(水)、都内ホテルにて、2017-2018年度(2017年7月~2018年6月)の対日マーケティング活動計画を発表いたしました。


開会に先立ち、ジェフリー・マクニール駐日代表は、「皆様のご支援により、カリフォルニア・レーズンにとり日本は最大の輸出国であり、輸入量も毎年堅調に伸びています。2016年は過去10年で最高の28,791トンを記録し、また、2017年1月から7月期の輸入量も前年対比16.4%伸びを示しています」と挨拶しました。また、ぶどうの生育、および収穫については、「今年の夏は最高気温が38℃に達する日が3ヶ月ほど続くという記録的な暑さである一方、冬の降雪が多かったため灌漑用の雪解け水が豊富にあること、また、降雨量が予測を上回り昨年の363mmより多い437mmに達しており、水不足への懸念は払拭されています。今年の収穫予測は未発表ですが、昨年より若干減少の見込みではあるものの、どの輸出業者も日本向けの輸出量は確保できるよう努めているとのことです」と述べました。

続いて、協会の古山博マーケティングマネージャーが2017-2018年度対日マーケティング活動について、詳細を説明いたしました。

業界向けの主な活動としては、製パンに携わるすべての技術者を対象とした「第26回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」や、技術者からの要望が多かったレーズンの漬け込みや刻み・ペーストなどのレーズンの前処理に焦点を当てる「技術セミナー」の開催、また「製菓・製パン関連展示会への出展」、「新製品開発、およびカリフォルニア・レーズン製品取扱企業、外食企業へのプロモーション支援」、「ニュースレター」の発行などを行います。また、カリフォルニア・レーズン製品の販売拡大に活用いただいている「消費者対象プレゼントキャンペーン」は、今秋に説明会を開催し、2018年春に実施いたします。

消費者向けの活動としては、クッキングブロガーとスポーツブロガーで構成している「カリフォルニア・レーズンファンクラブ」の運営、「第12回全国高校生パンコンテスト」へ「カリフォルニア・レーズン部門」として協賛、「スポーツイベント・消費者イベント」への協賛、また「カリフォルニア・レーズンの栄養価を訴求するシニア向けプロモーション」など、展開していきます。また、ウェブサイトやズンちゃんFacebookなどのSNSを通じ、カリフォルニア・レーズンの情報を積極的に発信していきます。

プロモーション活動発表に続き、「美味しく食べて健康」をテーマに食と健康に関する執筆や講演などで情報発信している、管理栄養士であり株式会社キャセロール代表の安中千絵氏が、「カリフォルニア・レーズンで腸内環境を整えよう」をテーマに講演いたしました。

「第二の脳」とも言われる腸と脳は複数の伝達経路で互いに影響を与え合っています。加えて、神経細胞が無数にある腸は、脳からの指令を受けず独自に「考え」、身体の各所に指令を出すことができます。腸内環境を良い状態に保つことが、健康維持には重要です。

腸内環境を整えるには、「腸内フローラ」を健全な状態に保つことが必要で、それは食品の摂取でしかできません。「何を食べるか」には、1)プロバイオティクスが豊富な食品を食べる、2)プレバイオティクスが豊富な食品を食べる、3)ポリフェノールが豊富な食品を食べる、4)オメガ3系の油をとる、5)精製された炭水化物の摂取を控える、という5つのポイントがあり、カリフォルニア・レーズンは3つのポイントから腸内環境を健康に導きます。レーズンは、腸内善玉菌の餌になるフラクトオリゴ糖とイヌリンというプレバイオティクスを含み、ドライフルーツの中でもポリフェノールの含有が高く、また精製されない炭水化物を摂取できます。

また、健全な腸内環境には欠かせない食物繊維における最近の研究では、どの食品由来の食物繊維がより効果があるかも報告されています。果物、および穀物由来の食物繊維は大腸がんのリスクを低減、および果物由来の食物繊維は2型糖尿病のリスクを低下させることが報告されています。また、食物繊維摂取量が増えると循環器病発症のリスクも低下するという結果も出ています。

食物繊維、および様々なミネラルを含むカリフォルニア・レーズンは、日本人に不足している様々な栄養を 補うことができ、毎日の食卓にプラスすることを呼びかけ、講演は終了しました。※

協会では、各種イベントや協賛プログラムなどを通じ、製パン・製菓をはじめ、外食、流通の各業界や消費者へ、積極的に情報を発信していきます。

※安中氏の講演内容は添付の「講演概要」をご覧ください。
左より:カリフォルニア・レーズン協会 古山博マーケティングマネージャー、ジェフリー・マクニール駐日代表、安中千絵氏、協会 三村浩子

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら