石川県の加賀温泉郷においてナビゲーションとクラウド技術を活用した実証試験を実施

2018/10/12  クラリオン 株式会社 

石川県の加賀温泉郷においてナビゲーションとクラウド技術を活用した実証試験を実施

2018年10月12日

超小型モビリティ『温モビ』×カーナビ×クラウドで
地元ならではのドライブプランを日、英、中、韓、4か国語で観光客に提案

クラリオン株式会社(執行役社長兼CEO:川端 敦 / 以下、クラリオン)は、一般社団法人加賀市観光交流機構(代表理事 山下 正純)、山代温泉観光協会、山中温泉観光協会、片山津温泉観光協会の3温泉観光協会と協働し、観光客向けにカーナビゲーションとクラウド技術を活用したドライブプラン提案の実証試験を、10月12日から2019年3月31日まで実施します。実施目的は、加賀市観光情報センターや3観光協会へ多数寄せられるドライブプラン問い合わせや増加する外国人利用者への対応を、クラウドを通じ地元ならではの旅ルートやうんちく情報などの提供、外国語対応などにより、観光客の満足度・利便性向上を図る事です。

実証実験は、3温泉観光協会それぞれが観光客にレンタル提供する二人乗り超小型モビリティ『温モビ(ぬくモビ)』(車体:日産ニューモビリティコンセプト)に、出発から帰宅まで徒歩を含む移動ルートをすべて設定できる次世代ナビゲーション機能「Door to Door ナビゲーション」や、次世代HMIとしてナビゲーション/オーディオ/ツール/アプリケーションの4エリア表示機能「Quad View(TM)(クワッド ビュー)」が好評なクラリオンの最新カーナビゲーション「NXV987D」を装着し行います。ユーザーは出発前に自分のスマートフォンを使用し、LINE bot(*1) と会話をすすめることで、自分の嗜好に合う旅のプランが提案されます。会話については日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応をしており、ナビゲーションのルート案内にも反映されます。

実証実験(ナビゲーションとクラウドシステム)イメージ
このリリースの画像:
▼test
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1253051

クラリオンは、車両情報システムソリューションプロバイダーとして、車載機器の開発・製造だけではなく、クラウド技術を活用したデジタルデータ連携・車両情報連携、車載端末の連携をめざし、スマートコックピット構想(*2)で掲げるシームレスで価値ある移動の実現めざしています。今後も実証試験などによる評価検証を重ねるとともに、自動車関連産業に対して新たなソリューションの提案を加速し、カーライフにおいて、快適で便利な生活を届ける仕組みの提供の早期実現に貢献します。

*1 LINE bot:LINE上でユーザーとチャットコミュニケーションが出来る応対システムの総称。本件の「温モビ」専用botシステムを株式会社フェリックスが開発し提供する。

*2 スマートコックピット構想:車内・外を問わずに、必要な時、必要なタイミングで、的確に情報を与える環境を作り上げ、車室内空間と生活空間におけるシームレスな移動体験の提供。

※当資料に記載する社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース