【社長会見】在来線の新型レール削正車の使用開始について

2018年04月05日 

2 0 1 8 年 4 月 5 日
東海旅客鉄道株式会社

在来線の新型レール削正車の使用開始について

当社の新幹線・在来線では、レール削正車を用いてレールの表面を削ることにより、列車の通過に伴って生じたレールの表面のわずかな状態変化を整えて傷の発生を予防し、設備の健全性を維持しています。

4月11日(水)より、在来線において、削正能力を高めた新型のレール削正車の使用を開始しますので、お知らせします。

1.レール削正車の役割(別紙)
・列車がレール上を繰返し通過すると、レールの表面にわずかな状態変化が生じ、傷が発生しやすい状態になります。このため、定期的にレールの表面を削り、状態を整えることでレールの傷の発生を抑え、より長い期間、健全な状態を保つようにしています。
・レール削正車は、車体下部に、高速回転する複数の砥石を搭載した大型の保守用車で、走行しながらレールの表面を削ります。
・在来線では、列車本数が多い東海道本線・中央本線において、列車が走らない夜間の時間帯に、レール削正車でレールを削っています。

2.新型レール削正車の特長
制御装置を改良し、砥石のレールへの押しつけ力を強化することにより、レール削正時の走行速度を時速8km程度(現行は時速5km)に向上します。
これにより、削正可能な距離が1時間あたり300m(現行の約1.5倍)へと拡大します。

新型レール削正車(スペノ・インターナショナル社製(本社・スイス))

3.設備投資額
約11億円

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000036908.pdf

この企業のニュース