インド・プネ市の「ITS(高度交通運用管理システム)」を受注

2018年03月30日  日本電気 株式会社 

NEC、インド・プネ市の「ITS(高度交通運用管理システム)」を受注

2018年3月30日
日本電気株式会社

  • ※本プレスリリースはNECインド社から発表された英文リリースの抄訳です。

NECの海外現地法人であるNECインド社は、インド・マハラシュトラ州のプネ市の「高度交通運用管理システム」を受注しました。本システムは、NECがプネ市で提供している交通ソリューションの第二弾のプロジェクトとして追加受注したものです。

本システムは、2018年1月にプネ市の路線バスを運営するPune Mahanagar Parivahan Mahamandal Limited(以下 PMPML)から受注したもので、NECインドは同市のバス高速輸送システム(BRT:Bus Rapid Transit)におけるバスの運行を実現する「高度交通運用管理システム」の開発・導入・運用・保守を一貫してサポートします。
また、NECインドは、インドの様々な州政府とともに、同国のスマートシティ化の一部として、パブリックセーフティを実現するソリューションの提供を推進しています。
NECは先進のICTを活用して、日々増加する乗客の安全・スムーズ・効率的な移動を実現する最先端のソリューションを提供しています。

NECは、2015年7月に最初のPMPML向けプロジェクトとして、「バス位置情報管理システム:Automated Vehicle Location (AVLS)」、「乗客向け情報提供システム:software and Passenger Information System (PIS)」のバス、BRT向けソフトウェアシステムの開発・導入・運用・保守を受注しています。

NECは本プロジェクトの一環で、プネ市にICTベースの効率的なバス運用管理システムとして、バス専用レーンの管理を含むBRT向けシステムを提供しました。またNECは、790台以上のバスや117カ所の駅の稼働状況を統合的かつ視覚的に把握できるスマート位置情報システムを実現するPMPMLのバス運用管理センターも提供しました。
さらに、AVLSを使用することで、バス運用管理センターにおいて、GPSによるバス運用・管理情報のリアルタイムな更新が可能となり、より安全性・顧客満足度の高いサービスを実現しています。
またNECは、バス停においてリアルタイムにバスの到着情報を伝えるPISも提供しました。本情報は、乗客のモバイルアプリケーションにも提供され、プネ市の主要道路でバスを利用する乗客に役立っています。

PMPMLによる今回のプロジェクトは、プネ市における交通機関の乗換スケジュールの計画や、乗客へより快適なサービス提供に貢献するものです。
今後NECは、AVLSからのリアルタイム情報をもとに、バスのルート変更やスケジュールの最適化、乗員の配置などを行う「車両計画・バスダイヤ編成システム:Vehicle Planning Scheduling and Dispatch System(VPSD)」を提供し、バスの運行やサービスの改善に活かす予定です。
またNECは、「バス営業所管理システム:Depot Management System (DMS)」により、バスおよびバス停の運用管理の自動化を実現するとともに、日々の作業効率向上のためにバスの様々な部品の管理も行います。

NECは、グローバルに提供する交通ソリューションのノウハウを活かし、世界中の100を超える現地パートナーや政府などとの協力実績により、今後もバスシステムの設計、構築、実証を行っていきます。また、モバイルによる発券、車両管理、自動料金収受などのシステムや、駅・乗客情報・バスの位置などを把握するシステムの構築も推進していきます。
NECは今後も、事業者のさらなるサービス向上に向けて、より安全で効率的・革新的なバス交通ソリューションの提供を進めていきます。

スマートシティ向けソリューションは現在、インド全土の100以上の都市で導入が検討されています。 NECは高度なICTとサービスノウハウを活用することにより、今後も交通や都市インフラの課題解決に大きく貢献していきます。

NECグループは社会ソリューション事業に注力しており、最新のICTシステムやサービスを通じて、世界の国々や地域における安全・安心で効率的な交通インフラの整備に貢献していきます。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC グローバルコーポレートセールス本部
E-Mail:inquiries_123@iopd.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html