~アデランス産学連携~第9回癌・炎症と抗酸化研究会(CIA研究会)においてアデランスがモーニングセミナーを共催

2019/01/10  アデランス 


2019 年 1 月 10 日

~アデランス産学連携~第9回癌・炎症と抗酸化研究会(CIA研究会)においてアデランスがモーニングセミナーを共催

毛髪・美容・健康のウェルネス産業の株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)は、2018 年 11 月 23 日(金)~11 月 24 日(土)、ホルトホール大分(大分県大分市)において開催された第 9 回癌・炎症と抗酸化研究会(CIA 研究会)で、アデランスがスポンサーシップをとるモーニングセミナーを共催しました。

会期中の 11 月 24 日(土)にアデランス共催のセミナーが実施され、アデランスとの共同研究を進める大分大学医学部 消化器・小児外科学講座の佐川 倫子先生と大分大学皮膚科学講座 教授の波多野 豊先生が講演し、同じく共同研究を進める大分大学医学部 消化器・小児外科学講座 教授の猪股 雅史先生が座長を務めました。

癌・炎症と抗酸化研究会(CIA 研究会)は大分大学が中心となり、内視鏡治療の世界的な権威である大分大学 北野 正剛学長が代表を務め、この分野ではトップクラスの研究実績を有する大学や病院・企業が参加する医学研究会です。

癌や炎症にかかわるさまざまなテーマについて生体の根源的な現象である「抗酸化」の観点から、病態解明および新たな治療法開発を目指して研究を推進しています。

第 9 回となる今回は大分県大分市で開催され、アデランスが本学会に共催するのは 4 回目となります。

アデランスはトータルヘアソリューションにおけるリーディング企業の使命として、経営理念の一つである「最高の商品」の開発および毛髪関連業界の発展を目指し、機能性人工毛髪や医療用ウィッグの研究開発、育毛・ヘアスカルプケア関連研究、抗がん剤脱毛抑制研究など、産学連携にて毛髪関連の研究に積極的に取り組んでおります。

その産学共同研究の成果を国内外の学会を通じて発信し、また、世界の研究者に研究成果を発表いただくことは、毛髪界の更なる進展となり、ひいては多くの方の髪の悩みの解消に寄与し、当社の CSR(企業の社会的責任)であると考えております。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://pdf.irpocket.com/C8170/nWiP/tZDj/ymK2.pdf

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース