東村高江米軍ヘリ炎上事故に伴う環境調査結果について(第5報)

2018年03月01日  沖縄県庁 

更新日:2018年3月1日

東村高江米軍ヘリ炎上事故に伴う環境調査結果について(第5報)

1.目的

東村高江地区内で発生したCH-53E大型輸送ヘリコプターの炎上事故に起因する環境汚染の有無を確認するため、事故現場、その周辺土壌及び事故現場近傍のため池の水試料について、沖縄防衛局と協力し、調査を行った。

2.調査項目、試料採取日

(1) 調査項目

土壌汚染調査(土壌汚染対策法で定める特定有害物質及び油分)

水質調査(人の健康の保護に関する環境基準及び油分)

(2) 調査地点、試料採取日及び調査結果

平成29年10月13日(周辺土壌、水)

平成29年10月20日(土壌(炎上地点近傍))

3.調査結果

(1) 土壌汚染調査

全ての土壌試料において、土壌含有量基準及び土壌溶出量基準を超過する項目はなかった。油分についても、異常は見られなかった。

(2) 水質調査

ため池の水試料において、環境基準を超過する項目はなかった。油分についても、異常は見られなかった。

資料

東村高江米軍ヘリ炎上事故に伴う環境調査結果について(第5報)(PDF:996KB)

追加の情報は環境保全課のページに随時掲載していきます。

関連リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

配信企業情報

沖縄県庁
上場区分 -