革自体が伸びる!ストレッチカーブベルト新発売伸縮率5%で着席時の圧迫感を軽減

2019/09/21  株式会社 AOKI 

株式会社AOKI(代表取締役社長:諏訪健治)が展開する『ORIHICA』は素材の革自体が伸縮するストレッチカーブ ベルトをORIHICA全店並びにORIHICAオンラインショップにて新たに販売いたします。


■革のなめしの段階で特殊な加工



近年ビジネスアイテムにも動きやすさが求められ、ストレッチ機能等で快適性が向上しています。一方でベルトには伸縮性がないものが多いため着席時にウエスト回りが窮屈に感じるというお悩みがあります。そこでORIHICAではベルトの革自体が伸縮性を持った「ストレッチカーブベルト」を新たに発売いたします。革のなめしの段階で特殊な加工をする事により、革自体に伸縮性を持たせ、通常のストレッチ芯ベルトと比較して※約2倍の伸縮性が備わっております。さらにベルトの形状をカーブさせることで、ウエストにフィットする着用感を実現。革そのものの伸縮性とカーブ形状で着席時の窮屈感を軽減いたします。今後もORIHICAはお客様のニーズを反映し、商品を開発・販売してまいります。


※一般市場のストレッチベルトと比較


■ストレッチカーブベルト商品特長 ¥3,900+税


1.革自体が伸縮する仕様。
なめしの工程で柔軟性と伸縮性を施した床革を
ポリウレタンでコーティングすることで約5%の伸縮率を実現。

2.カーブ形状でフィット感向上。
パンツの後見頃のパターンに合わせたカーブ形状に裁断し
縫製する事で、ベルトの浮き上がりや着用時の違和感を軽減。

3.実用新案登録を取得。
通常ストレッチ芯を使用したカーブ形状は難しく
革自体に特殊な加工をすることでストレッチ性のある
カーブベルトが実現。実用新案登録3208549号



他の画像

関連業界