国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計

2019/09/03  株式会社 Gushcloud Japan 

・インバウンド・デジタル広告市場規模※1は298億円、2020年は506億円 ・インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模※2は30億円、2020年には63億 ・日本のインフルエンサーマーケティング市場規模は249億円、2020年は390億円


東南アジアを 中心に世界11か国でインフルエンサーマーケティングを手掛けるGushcloud Internationalの日本法人である、株式会社Gushcloud Japan(本社:東京都中央区、代表取締役:上野 和孝、以下Gushcloud Japan)と 株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下 智之、以下デジタルインファクト)は共同で、「インバウンド・デジタル広告市場規模」および、「インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模」に関する調査を実施しました。


「観光先進国」を目指に掲げる政府の推進のもと、訪日観光客数は急速な増加を続けており、2020年には、約4000万人※3に達することが期待されています。また訪日観光客の日本における消費額は2018年時点で約4兆5000億円以上の規模※4に達しており、訪日観光客数増に合わせた増加が見込まれます。

これらを背景に、小売・旅行・飲食業や各種消費財メーカー企業、国・自治体などによる訪日観光客を対象にしたマーケティング・プロモーション需要の高まりがみられます。

本調査では、国内企業および政府関係機関、自治体またはそれに準ずる団体が、訪日観光客を対象にしたデジタル広告およびインフルエンサーマーケティングに対する支出をそれぞれ「インバウンド・デジタル広告市場規模」、「インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模」と定義し、2018年の推計および2020年までの予測を行いました。


・2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円、2020年は506億円に

2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は、298億円と推計。広告費に占めるデジタル広告の比率は、中国・韓国・東南アジアを中心に高い水準を占めています。
2019年のインバウンド・デジタル広告市場規模は369億円、前年比123.8%と国内市場の成長率よりも高い水準となることを予測します。
2020年には、2018年比約169.8%の506億円に達すると予測します。

2018年のインバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模は30億円、2020年は63億に

2018年のインバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模は30億円で、同デジタル広告市場全体の10.1%を占めると推計。
2020年には、2018年比210%の63億円。インバウンド・デジタル広告市場の12.5%を占めると予測します。



Gushcloud Japan / デジタルインファクト調べ


【参考】日本のインフルエンサーマーケティング市場規模

本調査結果から、2018年の国内向けおよびインバウンド向けを合わせた日本のインフルエンサーマーケティング市場規模は、249億円、このうちインバウンド向け費用は全体の12%を占めると推計。
2020年には、2018年比156.7%の390億円。インバウンド向け費用は全体の16.2%を占めると予測します。



インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場:Gushcloud Japan/ デジタルインファクト調べ
国内・インフルエンサーマーケティング市場:デジタルインファクト調べ

※1:インバウンド・デジタル広告市場:国内法人企業および政府関係機関、自治体またはそれに準ずる団体が、訪日観光客を対象に自社製品・サービスの国内における消費を促進することを目的に出稿される、デジタル広告費の年間総額。また、制作費もこれに含まれる。企業は、日本法人を対象とし、日本国外の現地法人によるデジタル広告費は含まない。また、アウトバウンド(訪日を伴わない海外ユーザーを対象にしたプロモーション)・広告費は含まない。

※2:インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場:インフルエンサーは、ソーシャルメディア上でフォロワーを多く保有し、そのフォロワーに対して影響を与えることが可能な人物。インフルエンサーマーケティング市場は、インフルエンサーがソーシャルメディア上でPR投稿を行うことに対して広告主企業より支払われる費用の年間総額。なお、インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場は、インバウンド・デジタル広告市場の内数となる。

※3:観光庁「明日の日本を支える観光ビジョン」より引用

※4:観光庁「訪日外国人消費動向調査」より引用

【調査概要】
■ 調査対象:デジタル領域におけるインバウンド広告・マーケティング関連事業者、インフルエンサーマーケティング関連事業者

■ 調査手法: Gushcloud Japanならびに、デジタルインファクトが保有するデータ、公開データ、インバウンドマーケティング・インフルエンサーマーケティング事業にかかわる企業へのインタビュー調査

<調査協力企業(一部を掲載)>
アライドアーキテクツ株式会社、インタセクト・コミュニケーションズ株式会社、AnyMind Group、株式会社ENJOY JAPAN、株式会社クロスシー、クロスボーダーネクスト株式会社、ソリッドインテリジェンス株式会社、株式会社D2C X、Tokyo Creative株式会社、トレンダーズ株式会社、株式会社ナイトレイ、Vpon JAPAN株式会社、株式会社マイクロアド、株式会社LIFE PEPPER

■ 調査時期: 2019年5月-7月

■ 調査主体: 株式会社Gushcloud Japan / 株式会社デジタルインファクト

■ 調査実施機関: 株式会社デジタルインファクト

【Gushcloud Internationalについて】
Gushcloud Internationalは、ヴィンセント・ハとアルテア・リム2名のシンガポール人起業家により設立された、国際インフルエンサー・エンターテイメント&マーケティング企業です。Gushcloud Internationalは、ブランディングやマーケティング戦略、PR施策、コンテンツ制作を通してオーディエンスや企業をインフルエンサーと繋げています。現在はアジアを中心に11か国で事業を展開しています。

URL: https://www.gushcloudinternational.com/

【株式会社Gushcloud Japanとは】
Gushcloud Japanは、東南アジア最大級の規模となる、1万5千人以上のインフルエンサーネットワークを持つ、インフルエンサー・マーケティング、並びに、エンターテインメント事業を行うGushcloud Internationalの日本法人です。Gushcloud Japanは、ドコモと電通のJVとして2000年に設立した株式会社D2Cと資本業務提携を交わし、日系企業に対するインバウンド・アウトバウンドマーケティングを支援する企業として2017年10月に営業開始しました。

URL: https://www.gushcloud.co.jp/

 

他の画像

関連業界